新刊情報

  • GsMZ_no202001_H1-H4_re2
  • Hi6x57eg3r6gQrPYF10BlPtQeWkxcp

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2016年1月9日(土)
『ガラスの花と壊す世界』本日、劇場公開&コミックス発売です!!! 

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

0

祝・劇場公開&コミックス発売!

というわけで本日1月9日より、劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』の公開及び、コミカライズ『ガラスの花と壊す世界〈上〉』の発売が開始されました!

待ちに待った当日ということで、今回は改めて作品をご紹介をしたいと思います♪

 

 

名称未設定 2

2013年「アニメ化大賞 powered by ポニーキャニオン」にて、多数の応募の中から、見事大賞を受賞した『D.backup(ディー・ドット・バックアップ) 』。それを原案として、ポニーキャニオン×A-1 Picturesがタッグを組んで制作した劇場版オリジナルアニメーション。

 

web_アニメキービジュアル①_RGB

~~あらすじ~~

2100年人類滅亡!?

色とりどりの光がきらめき浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。
デュアルとドロシーはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまったデータは消去しなければいけない。それが彼女たち「アンチウイルスプログラム」の使命だった。
「知識の箱」には、地球上のあらゆる時代やさまざまな場所が記録(バックアップ)されていた。そのデータを収集している存在こそが「マザー」。「ViOS」というこの世界をつかさどるシステムの中で動いている環境管理プログラムだった。人類の死滅した世界で「マザー」はデータを集め続けていたのだ。
あるときデュアルとドロシーは、ウイルスに襲われているひとりの少女を救う。「リモ」と名乗る少女は記憶のほとんどを失っていた。
デュアルとドロシーは、リモの正体を探すために、この「知識の箱」をめぐりはじめる。「マザー」の真意とは? ウイルスがなぜ発生するのか? リモの正体とは?
――旅の果てに少女たちは真実を目撃する。

~~~~~~~~

詳しい映画の情報はこちらから♪

公式HP

公式Twitter

 

 

いかがでしょうか? 私は今日の仕事が終わったら、すぐにでも映画館へ走りたいと思います!

また、映画とあわせてコミカライズも必見ですよ!!!

 

電撃G'sコミック『ガラスの花と壊す世界』(上)

作品名:『ガラスの花と壊す世界(上)』
原作:Project D.backup
作画:おちゃう
発売日:1月9日
価格: 570円(税別)

 

こちらは映画とはまた違う、マンガならではの魅力が満載! 特に作画担当のおちゃうさんが描く女の子たちのかわいさと言ったら、とんでもない破壊力です!

 

↓気になったアナタ、 ご予約はコチラから!

 

――――――――――――――――

【関連記事はこちら】

・『ガラスの花と壊す世界』劇場公開&コミックス発売まで、いよいよあと1日!!

・『ガラスの花と壊す世界』劇場公開&コミックス発売まであと2日!!

・オリジナル劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』の試写会に行ってきた! プロデューサー・石原良一氏のコメントとともにご紹介!

・オリジナル劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』公開記念の舞台挨拶が決定! 関東・名古屋・京都・大阪にて開催!!

・オリジナル劇場版アニメ『ガラスの花と壊す世界』の新規場面カットが到着! アニメ版のコミカライズ情報も公開!!

・オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キービジュアル第2弾公開! 前売券&音楽情報解禁も♪

オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』のキャストインタビューまとめページ♪

・オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キャストインタビュー茅野愛衣さん編♪

・オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キャストインタビュー佐倉綾音さん編♪

・オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キャストインタビュー種田梨沙さん編♪

・オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キャストインタビュー第1回♪ 

――――――――――――――――

(c)Project D.backup

2016年1月9日(土)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター

yuyuyu2banar

yuyuyu2banar

anenarumono_banner

anenarumono_banner