新刊情報

  • GMJh1710_01
  • gtdvf

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2015年10月19日(月)
オリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』、キャストインタビュー茅野愛衣さん編♪

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ

2016年1月9日より劇場公開のオリジナル劇場アニメ『ガラスの花と壊す世界』。

2013年のアニメ化大賞にて大賞を射止めた作品を原案とし、ポニーキャニオン×A-1 Picturesのタッグで贈る大プロジェクト!

謎めいた<知識の箱>で繰り広げられる少女たちの物語に注目です。

 

『ガラスの花と壊す世界』主演声優陣のインタビューを全4回で掲載しています!

最終回は、スミレ役の茅野愛衣さんのインタビューをお届け♪

web_OK1

▲左より、花守ゆみりさん、種田梨沙さん、佐倉綾音さん、茅野愛衣さん。

 

 

 ――演じたキャラクターの魅力と、演じる上で気をつけた点を教えてください。

茅野愛衣さん(以下、茅野):スミレの魅力は「素朴さ」だと思います。彼女は等身大の夢見る女の子で、いつもキラキラしていて。そんな素朴な素敵さが表現できればいいなぁと思いながら演じました。

 

――演じられているキャラクターと、ご自身との共通点は?
茅野:スミレはピアニストになるのが夢で、春からロンドンに留学する予定なのですが、実は私も学生時代にイギリスに研修旅行に行ったことがあったり、小さい頃ピアノを習っていたことがあります。私にピアノの才能はありませんでしたが、まさかの共通点でした!

 

――ご自身が演じるキャラクター以外で、気になるキャラは?
茅野:私としてはデュアルが気になりますね…というよりも好きです(笑)。スミレの幼いころからの友達というのもあるのですが、デュアルがクールに言葉を返してくるにもかかわらず、スミレはそれを素で返せちゃう。2人の関係には温度差がありそうなのに違和感なく会話できるのがすごく不思議。でも、その感じが心地いいんですよね。突き放されるわけではなく、いい距離感を保っている感じがします。

 

――本作品からどのようなメッセージを受け取りましたか?
茅野:作品の捉え方はそれぞれ違うと思いますが、私はすごく温かくて、うれしい気持ちになりました。それと同時に、この作品からたくさんの希望を感じたんです。いくつになっても夢は持ち続けるべきものだと改めて感じました。

 

――作品の見どころを教えてください。
茅野:キャラクター原案のカントクさんの絵がすごくかわいらしい!  リモ、デュアル、ドロシーの3人が手をあげているキービジュアルを見た時から、すごく素敵で、なんてキレイな世界なんだろうと思いました。そのキレイさが映像で見れるなんて素晴らしいです! 音楽と絵と台詞が融合したとき、きっと素晴らしいものになっていることと思います。

 

――最後に作品を見るお客様に向けてメッセージをお願いします。
茅野:プログラムやウイルスなどという単語を聞くと、無機質なイメージが浮かぶかもしれません。でもこの作品は、人と人との絆や人間の温かさ…色々な事を感じさせてくれる作品だと思います。私も精一杯「キレイなもの」を伝えられるよう演じさせていただいたので、その想いがみなさんのもとに届くように願っています。ぜひ、劇場で楽しんでください!

 

 

『ガラスの花と壊す世界』主演声優陣のインタビュー、最終回をお送りしました!

キャストのみなさんのお話で、 さらに興味が湧いてきましたね。 ぜひ、劇場に足を運びましょう♪

 

 

◆作品情報

web_アニメキービジュアル①_RGB

無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間――<知識の箱>。

そこには幾つもの世界があり、幾度の時間があり、幾多もの人がいた。

デュアルとドロシーの2人はそこで敵と戦っていた。

敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。

ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。

それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。

あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの出現を感知する。

そこにはウイルスに襲われている少女がいた。

少女を救った2人は、静かに彼女の目覚めを待つ。

少女は何者か――どこから来て、どこへ行くのか。

やがてその少女が目覚めた。

その少女は「リモ」と名乗ると、ひとことつぶやいた――。

「お花畑に、帰らないと……」。

 

<スタッフ>

原案:Physics Point『D.backup』(「アニメ化大賞」大賞作品) 

監督:石浜真史

脚本:志茂文彦

キャラクター原案:カントク

キャラクターデザイン: 瀬川真矢

メインアニメーター:川村敏江

世界コンセプトデザイン:六七質

画面設計:竹内志保

色彩設計:中尾総子(Wish)              

美術監督:吉原俊一郎 (美峰)

撮影監督:髙橋賢司(旭プロダクション)

音響監督:本山 哲

音響制作:ダックスプロダクション

音楽:横山 克

制作:A-1 Pictures

 

<キャスト>

リモ:花守ゆみり

デュアル:種田梨沙

ドロシー:佐倉綾音

スミレ:茅野愛衣

 

<公開日>

2016年1月9日(土)劇場公開

 

――――――――――――――――

 

【関連HPも見てくださいね♪】
公式HPはコチラ
公式ツイッターはコチラ

 

――――――――――――――――

(c)Project D.backup

2015年10月19日(月)

関連記事

オススメ記事