新刊情報

  • wWPqX5rJPnaa
  • 9nd923fmp5FK

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2020年6月9日(火)
【To Brand New Story】虹ヶ咲インタビュー企画・単独ライブでも「フェス」のように感じるワケ――朝香果林役・久保田未夢さんインタビュー

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月14・15日にFirst Live“with You”が開催、TVアニメの制作決定が発表され、翌年2月にはユニットシングルが発売と、怒涛の勢いで活躍中の虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(以下、虹ヶ咲)。

 

 そして7月29日には初のアニメーションPV付きシングル、9月には3rdアルバムの発売、2ndライブの開催も決まり、さらに勢いが増していく虹ヶ咲にみなさんの注目度も上昇しているのではないでしょうか?

 

 そこで今回は虹ヶ咲のメンバーを演じるキャストの9名にインタビューを敢行! 第1弾として、お届けするのはユニット“DiverDiva”編です。

 

 本記事では朝香果林役の久保田未夢さんに1stライブの感想やユニットシングルの印象、2ndライブへの意気込みなどのお話を伺いました!

dpi72+

 

 

【朝香果林とは】

虹ヶ咲学園の3年生。高校生離れしたルックスとプロポーションを持ち、モデルを目指している。大人っぽい見た目とは裏腹に意外とピュアな一面もある。

久保田さん2+

 

『Starlight』と『Wish』――果林の持つ二面性を強調した、1stライブのステージ!

 

――2019年3月の「校内マッチングフェスティバル」以来、久しぶりのワンマンライブにして、初のナンバリングライブでもある1stライブのステージ。終わってみていかがでしたか?

 いやー、とにかく会場が大きかったですね〜。

 

「校内マッチングフェスティバル(※1)」からの会場のキャパの飛躍が大きすぎて、みなさん来ていただけるのかなと(笑)。

 

※1:2019年3月30日に品川ステラボールで実施されたトーク&ライブイベント。初めて各メンバーのソロ楽曲が披露された。

 

 ソロ曲を披露したのもその時以来だったので、ちゃんとみなさんに曲が浸透しているか、あまり実感がないままライブを迎えたので心配だったのですが……杞憂に終わりましたね(笑)。

 

 たくさん盛り上がっていただいて、とても楽しかったです!

 

――果林としては『Starlight』と『Wish』の2曲を披露されました。ジャンルの全く違う2曲で、振り幅が広くて大変そうでしたが……?

 

 そうなんですよ〜!

 

 私の中で『Starlight』は「ステージに立っているときの果林」の曲で、『Wish』は「ステージに立っていないときの果林の内面」の曲だなと思っていて。

 

 曲順的に『Wish』からだったので、内面を歌ったあとにすぐ『Starlight』でステージモードに切り替えて……。といった感じで、感情をスイッチするのがなかなか大変でしたね。

 

 だからリハでも曲の「つなぎ」の部分は、結構意識的に練習していました。

 

――他に意識して練習したことはありますか?

 

 2曲連続でしかもすべて自分1人で歌い踊り切らないといけないので、体力の配分には気を使っていました。2曲とも勢いでどうにかなるような曲ではないので。

 

 それでも「きっと果林ならそんな難しい曲でも、軽〜くこなしてしまうんだろうな」ってイメージが私の中にはあったので……。

 

“息切れしてバテバテの果林”にならないよう、体力の配分には特に気をつけていましたね(笑)。

 

――当日のセクシーで余裕たっぷりの果林としてのステージは、そうした久保田さんの努力があってのものだったんですね。さて、ついに待望のTVアニメの制作決定が発表されましたね!

 

 本当にうれしかったですね〜。

 

 もううれしすぎて、発表するギリギリまで心のどこかで「これはもしやドッキリ……?」って思っていたんですよ。

 

 でも1stライブでの発表を経て、ドッキリじゃないことが証明されて。自分の中でもようやく、TVアニメへ向けた期待とか実感が持てるようになりました!

 

――TVアニメ制作決定の発表があった1stライブのあと、周りからの反響はいかがでしたか?

 

 私は虹ヶ咲とは別でアイドル活動をさせていただいているのですが、ファンの方から直接「おめでとう!」と言っていただけました!

 

 1月、2月はファンの方とお会いする機会が多かったので。

 

 もちろんファンレターとかTwitterのリプライなどで反応をいただくこともうれしいのですが、やっぱり直接顔を見て応援していただけるとテンション上がりますし「がんばらなきゃ!」って思います。

 

 その点で言えば、もしかすると他のメンバーよりもファンの方に直接声をかけていただいた機会は多いのかも。アイドル活動をしていてよかったなと感じました!

 

ホームだけどホームじゃない。単独ライブでもどこかフェスのように感じる、独特の緊張感

 

――ライブといえば、1月には「ラブライブ!フェス」に出演されました。多くの先輩方と共演されいかがでしたか?

 

 人生で1、2位を争うくらい緊張しました!

 

 あれだけ大きな会場で大勢の人の前に1人で立つのも初めてでしたし、しかも私、1日目のソロの最後だったんですよ(※2)。

 

※2:“ラブライブ!フェス”で虹ヶ咲は、1日目と2日目にわけて各ソロ曲を披露した。1日目は、歩夢、璃奈、彼方、果林の順でソロ曲が披露された。

 

 全員で披露した1曲目『TOKIMEKI Runners』の直後とかだったら、まだアドレナリンが出て勢いでいけそうですけど、一度ステージから下がって3曲待っていたんです。その間、なんだか変に緊張しちゃって。

 

 前のメンバーがいい感じで盛り上げてくれて「失敗できないな〜」と。もう出る前は緊張で吐きそうでしたもん(笑)。

 

――緊張したとおっしゃるわりには、ものすごく堂々としたステージングだったと思いましたが……?

 

 ステージに立ってしまえば「あとはもうやるだけ!」って感じで燃えるんですけど、それまでが大変なんですよ。

 

 実は私、普段ステージに立つ時はあんまり緊張しないんですけど、虹ヶ咲として歌う時は毎回めちゃくちゃ緊張するんです。

 

――それはどういった理由なのでしょうか?

 

 多分それは虹ヶ咲がソロのアイドルの集団、っていうコンセプトがあるからだと思います。

 

 もちろん虹ヶ咲全員で歌う曲もあるんですけど、まずソロとしての活動が前提にある。

 

 だから「ラブライブ!フェス」のようにフェス形式のライブはもちろん「校内マッチングフェスティバル」や1stライブみたいに虹ヶ咲の単独ライブでも、どこかフェスのような雰囲気を感じていて。

 

 自分の中で「ホームなんだけど、ホームじゃない」感というか。いろんなグループやメンバーが好きな人が会場に来ているので、それがいいプレッシャーというか緊張感になっていますね。

 

――ある種の戦いの場のような?

 

 そうですね!

 

 だから「ラブライブ!フェス」は、虹ヶ咲や朝香果林のことを、いろんな人にもっと知ってもらうという意味でものすごく大きいことだったと思います。

 

 めちゃくちゃ緊張しましたけど(笑)。

 

 一方で、先輩たちのステージを見させていただくと、パフォーマンスも曲によっていろんな振り幅があるし、やっぱり声援の大きさが虹ヶ咲とは違うんですよね。こんなにファンのみなさんを魅了できる先輩たちは、本当にすごいなと思いました。

 

 虹ヶ咲も先輩たちに負けないようにもっともっと、レベルアップしていきたい。背筋が伸びる思いになったライブでした!

 

DiverDivaらしいカッコよさで、ステージからみんなを引っ張りたい!

 

――2月にはDiverDivaとして、初のユニットシングル『SUPER NOVA』をリリースされました。DiverDivaについて、久保田さんはどんなイメージをお持ちですか?

 

 表現できることの幅が広がったなと思っています。

 

 果林としてはソロの時とDiverDivaの時であまりギャップはないんですが、そこに愛ちゃんが加わったことで魅せられるカッコよさのバリエーションが増えたんじゃないかな。

 

――「カッコよさ」はDiverDivaの大きなテーマの1つなんでしょうか?

 

 そうかもしれないですね。3ユニットの中では1番カッコよくて勢いがあって……というか「ウェイ!!」って感じなので(笑)。

 

 だからライブではお客さんと一緒に盛り上がるというよりは、私たちがみなさんを引っ張っていくステージになるんじゃないかと。

 

 虹ヶ咲としてはもちろん、ラブライブ!シリーズ全体でも珍しい「2人組ユニット」なので、そこを生かしたステージングができたらいいですね〜。

 

 例えば「果林と愛で対決!」的なのやりたいです(笑)。ラップバトルとかダンスバトルとか。

 

 私たち2人だからこそできる魅せ方があると思うので、今からライブが楽しみです!

 

――今回リリースされた『SUPER NOVA』とカップリングの『Love Triangle』。こちらの2曲をレコーディングされる際に何か意識したことはありますか?

 

『SUPER NOVA』のほうは、普段の果林と変わらないイメージで収録しました。

 

 結構考えながら録ったのは『Love Triangle』のほうですね。

 

 私の中で果林が歌うイメージがなかったタイプの恋の歌なので、なんというか彼女のかわいらしい部分を籠めたいな〜と。

 

 だからそういったニュアンスを強めに入れてみました。ちょっとショボンとしていますので、そのあたりに注目して聴いてほしいですね!

 

――1stライブ、「ラブライブ!フェス」、『SUPER NOVA』の発売を経て、9月には2ndライブも予定されていますね。

 

 そうですね!

 

 今からめちゃくちゃ楽しみなんですが、特に楽しみにしているのは衣装です。いろんな衣装が着たいなぁ~。

 

 虹ヶ咲ってイベントの時は制服か、フェスの時もソロの衣装でみんなバラバラなのが基本です。1stライブの時に全員おそろいの『Love U my friends』の衣装も着たんですが、ライブではあの時しか着られていなくて。

 

 次のライブではユニットの衣装や『Love U my friends』とは別のおそろい衣装もあったらいいな〜って思います。

 

 あと、7月29日にはアニメーションPV付きシングル『無敵級*ビリーバー』が発売されるのですが、そこにニジガク全員で歌っている『未来ハーモニー』って曲が入っているんですよ。

 

 そういう新しい曲もみなさんに披露できたらいいですよね。すごく楽しみです!

 

――最後に応援してくれるファンのみなさんへ、メッセージをお願いします。

 

 世の中自粛ムードでいろいろなことがストップしていたりしますが(※3)、虹ヶ咲としてはTVアニメの制作が決定していたり、『スクスタ』でもいろんな物語が進行しています。

 

※3:インタビューを収録したのは2020年5月上旬。

 

 みなさん大変な中だとは思いますが、虹ヶ咲のコンテンツや話題に触れることでちょっとでもハッピーで明るくなっていただけたらと思います。

 

 

 STAY HOME期間中は虹ヶ咲の過去のコンテンツを復習していただいて、ライブが再開してTVアニメが放送された時、また熱い声援を送っていただけたらと思います。

 

 ずっとおうちにいるのは大変かもしれませんが、私たちと一緒に乗り切って、必ずまた会場でお会いしましょう!

 

 

===============================

あわせて、DiverDivaのメンバーである宮下 愛を演じる村上奈津実さんにもインタビューを実施しました。ぜひ、そちらも一読してみてください。

 

【村上さんインタビュー記事はコチラ♪】

2020年6月9日(火)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター