新刊情報

  • wWPqX5rJPnaa
  • 9nd923fmp5FK

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2020年6月9日(火)
【To Brand New Story】虹ヶ咲インタビュー企画・宮下 愛を演じる村上奈津実さんに1stライブの感想や2ndライブの意気込みを聞く!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年12月14・15日にFirst Live“with You”が開催、TVアニメの制作決定が発表され、翌年2月にはユニットシングルが発売と、怒涛の勢いで活躍中の虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(以下、虹ヶ咲)。

 

 そして7月29日には初のアニメーションPV付きシングル、9月には3rdアルバムの発売、2ndライブの開催も決定し、さらに勢いが増していく虹ヶ咲にみなさんの注目度も上昇しているのではないでしょうか?

 

 そこで今回は虹ヶ咲のメンバーを演じるキャストの9名にインタビューを敢行! まず、お届けするのはユニット“DiverDiva”編です。

 

 本記事では、虹ヶ咲イチの元気印とも言える宮下 愛を演じる村上奈津実さんに1stライブの感想やユニットシングルの印象、2ndライブへの意気込みなどを伺いました。

 

Dpi72+

 

【宮下 愛とは】

虹ヶ咲学園の2年生。ノリの良い性格で面倒見がいいので友だちが多い。見た目が派手なので勘違いされがちだが、人情にアツく、おばあちゃんっ子。好きな食べ物はぬか漬け。

 

村上さん2+

 

愛に少しでも近づきたい。不安な気持ちで挑んだ1stライブ

 

――記念すべき1stライブは、村上さんにとっても大きな舞台だったと思います。振り返ってみて、いかがですか

 

 実は、本番が来るまでは毎日怖くて怖くてしかたなかったんです。去年の「校内マッチングフェスティバル(※1)」ももちろん緊張していたんですけど、その時とはまた違う緊張感がありました。だって、1stライブはその何倍ものお客さんが来るんですよ! そう考えたら、「会場の端っこまで届くようにパフォーマンスしなきゃ」「成長した姿を見せなきゃ」って、自分で自分を追い込んでいましたね。

 

※1:2019年3月30日に品川ステラボールで実施されたトーク&ライブイベント。初めて各メンバーのソロ楽曲が披露された。

 

 練習って、やればやるほど成長すればいいんですけど、そううまくはいかなくて。「こんな私を見せて大丈夫かな」と思いつめてしまって、本番の1週間前からは不安の毎日でした。

 

――村上さんにとっても試練のライブだったんですね。

 

 私、もともとダンスがとても苦手で(笑)。『めっちゃGoing!!』のサビの振り付けに片足でジャンプしながら歌う部分があるんですけど、1曲踊りながら歌うだけで、息が上がっちゃうんです。苦しそうな姿はファンの方に絶対見せたくないのに、練習では声が出なくなってしまって歌いきれないこともありました。新しく増えた『友 & 愛』を含めて2曲歌いきることが、最初の大きな壁でした。

 

 振り付けの細かいところも苦戦した部分が多かったですね。『友 & 愛』の振り付けでは、サビの最後の歌詞「ニコイチ!」でピースをするんですが、私、なぜかピースができなくて!(笑)  クセで小指が立ってしまうのを、ダンスの先生にずっと指摘されていました。直すために、家ではずっと小指を押さえてピースをしていましたね(笑)。今ではちゃんとできますよ!

 

 本当にできないことばかりだったので、練習しているうちに、どんどん愛が遠い存在に思えてきてしまって。愛は、「見たことがない景色をみんなに見せたい、見てみたい」って思える子だから、そんな彼女にもっと近づきたいと思いながら必死に練習しました。

 

いざ本番! “見たことがない景色”の本当の意味

 

――愛に近づきたいけれど、なかなか追いつけないという不安の中、迎えた本番。実際にステージに立ってみて、いかがでしたか?

 

 本番前はあんなに不安だったのに、いざステージに立つとそんな気持ちが一切出てこないくらい楽しかったです!

 

 1曲目の『友 & 愛』はトロッコで登場しました。「会場のファンのみなさん、きっと楽しんでくれるだろうな」と予想はしていたんです。していたんですけど、いざみなさんの前に出てみると、そこには自分が想像する何百倍もの笑顔がありました。「そんなに楽しそうにしてくれることって、ある?」ってくらい、一面キラッキラの笑顔!

 

「みんなを楽しませよう」っていう思いで本番に挑んだのに、その景色を見た瞬間、今までに感じたことがないような幸せな気持ちになりましたね。

 

 それまで、愛が言う「見たことがない景色」(※2)って、会場の大きさやファンのみなさん、ペンライトの数のことだと思っていたんです。でもそれは違って、ファンのみなさんの楽しいっていう気持ちがステージ上に伝染して爆発するような、今見ているこの景色が「見たことがない景色」なんだって、トロッコの上で歌いながら感じていました。

 

※2:気になる方は、『スクスタ』で宮下 愛のキズナエピソードを確認しよう。

 

 2曲目の『めっちゃGoing!!』は、天井からバルーンが降ってくる演出で、もう絶好調な気持ちでやれました。私も見入っちゃうくらい本当にきれいな景色でしたね。練習ではバルーンを飛ばせないので、私自身、初めて見る光景で、「ありがとうございます!」という気持ちでした。みんなで作り上げた、とても幸せな空間だったなって思います。

 

 2曲連続で本当にやりきれるのか、ずっと不安だったのにいざ過ぎてみれば、本番は一瞬でした。本当に幸せな時間でしたね。

 

TVアニメ制作決定の発表では、ファンの歓声に涙

 

――1stライブでは、TVアニメ制作の決定も発表されました。お客さんの反応を間近で感じることができた瞬間でもあったと思います。

 

 虹ヶ咲のメンバーは、TVアニメが制作されることを1つの目標として頑張ってきた部分が少なからずあります。だから、決まった時は「生きてて良かった!」と思えるくらいうれしかった。それと同時に、虹ヶ咲を応援してくれているファンのみなさんに早く伝えたかったし、それを知ったみなさんの表情を早く見たかったです。

 

 TVアニメ制作の発表は1stライブの2日目だったんですけど、私たちは後ろにあるスクリーンを見ていました。TVアニメ制作が発表された瞬間に、会場のみなさんの歓声が聞こえて、そちらを振り向くと……私たち以上にものすごく喜んでくれている空気を感じられたんですよね。

 

 そんなみなさんの姿を見たら、涙が止まらなくなってしまいました(笑)。ここまで応援してくれたみんなのおかげだよ、ありがとう! もちろん、TVアニメの虹ヶ咲もしっかり愛してもらえるように、まずは演技を精一杯がんばろうと思います。

 

 

対照的な二人が生み出すDiverDivaの世界

 

――2020年2月には、新たなユニット・DiverDivaとしてのシングル『SUPER NOVA』が発売されましたね。DiverDivaは、愛と対象的な存在とも言える朝香果林との2人ユニットになっています。

 

 DiverDivaは、見ての通り真逆な二人が組んだユニットですよね。愛は元気で明るい太陽のような女の子。果林はクールで落ち着いた月のような女の子。でも、お互いに自分の意見をしっかり言うタイプだから、どちらも譲らない、ぶつかり合うような激しさがあるユニットだなと思っています。

 

 メンバーカラーも、超オレンジとロイヤルブルーと対象的なので、月と太陽、昼と夜っぽいのも気に入っています。でも、ぶつかり合いすぎてケンカしちゃったらどうしよう(笑)。2人の絡みが見られるのも、これから楽しみですね。

 

――対照的な2人というコントラストが素敵ですね。楽曲の印象はいかがでしょうか?

 

 リード曲の『SUPER NOVA』は、「これがDiverDivaです!」っていう自己紹介みたいな曲です。最初に「星空のように煌めくから/太陽のようにミナギルpower」と交互に歌っているところから、「今ひとつになるとき」というサビ前のフレーズに繋がるのがアツい! 初めて曲を聞いた時から、2人がレーザービームを浴びながらカッコよく歌って踊るところを想像しています。

 

 デモ音源を聞いた時ラップパートがあって、「普段ラップはあまり聞かないし、歌ったこともないからどうしようかな〜」って悩んでいたんです。家で練習してもあまりしっくり来なくて。

 

 でもいざレコーディングブースに入って、歌を聞いてくれている方がいると思ったら、今までになくノッてしまって(笑)。カッコつけながら、めちゃくちゃ楽しくノリノリで歌わせてもらいました。

 

 自分の中に眠るラッパー魂が目覚めたといいますか……(笑)。ライブでダジャレを言う時もめちゃくちゃ気持ち良かったんですけど、なんだかダジャレと通じる気持ち良さを感じました。それってとても「愛らしい」ですよね。

 

――カッコよくノリノリな『SUPER NOVA』に比べて、『Love Triangle』は恋心を描いた対象的な曲ですよね。

 

 愛って、好きという気持ちをストレートに伝えるタイプだと思っているんです。だから、こんなにいじらしくて、甘酸っぱい気持ちを愛になりきって表現するのが難しくて。レコーディングでも、「これでいいのかな?」と探り探り歌っていました。愛の中に隠れた、みんなには見せない意外な一面を知ることができて、新鮮な気持ちになりましたね。

 

『Love Triangle』って、「恋の三角形」っていう意味じゃないですか。愛も果林も「キミ」のことが好きで、でも友だちも大切にしたいというじれったい気持ちがあって……。聞いていると、「2人にこんなに想われてて、『キミ』は幸せだなあ」って羨ましくなっちゃいます(笑)。だから、みんなさんも『キミ』になりきって聞いてみてください。きっとたまらんと思いますよ!

 

2ndライブでまたみんなの笑顔に会いに!

 

――先日、虹ヶ咲の2ndライブ開催決定が発表されましたね! この発表を聞いた時の、率直な感想を聞かせてください。

 

2ndライブ決定を聞いて、最初に湧いた感情は「早くファンのみんなに会いたい!」でした。「校内マッチングフェスティバル」や1stライブでみなさんの笑顔に触れたことで、あの感覚や高揚感がクセになってしまっているようで(笑)。みなさんの笑顔が早く見たいな。

 

ユニット曲が発表されたことで、ユニットのステージもあると思うんです。だから、愛の印象も今までとは変わるんじゃないかな。そこで、「こんな一面も見せてくれるのね」っていう刺激をお届けしたいなと思います!

 

――ユニットのステージでは、衣装チェンジなどにも期待できますね。楽しみです! 最後に、虹ヶ咲を応援してくれているファンのみなさまにメッセージをお願いします。

 

いつも、虹ヶ咲を応援してくれてありがとうございます! いろいろなステージや発表を通して、虹ヶ咲が一歩一歩大きくなるのを日々感じています。ずっと応援してくださっている方がいるからこそ、新たに興味を持って応援してくれる人が増える。こうやって、どんどん虹ヶ咲を知ってくれる人が増えているのは、本当にみなさんのおかげです。

 

そんな、「ありがとう」っていう気持ちをみなさんにお返しできるように、これからも頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします! 2ndライブも、TVアニメも、楽しみにしていてくださいね!

 

===============================

あわせて、DiverDivaのメンバーである朝香果林を演じる久保田未夢さんにもインタビューを実施しました。ぜひ、そちらも一読してみてください。

 

【久保田さんインタビュー記事の記事はコチラ♪】

2020年6月9日(火)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター