新刊情報

  • GsMZ_no202105_H1-H4_re_ol
  • i6hdfzjfThAUE

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2021年1月8日(金)
【写真&レポート】新年という希望へ飛び立とう! Aqours初のカウントダウンライブ「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours COUNTDOWN LoveLive! ~WHITE ISLAND~」レポート

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

Aqours2回目のオンラインライブにして、シリーズ初の年越しイベントとなった「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours COUNTDOWN LoveLive! ~WHITE ISLAND~(以下、カウントダウンライブ)」が2020年12月30日(水)と大晦日12月31日(木)の2日間に渡って開催されました。本記事では、ライブ中に年越しの瞬間を迎えたDay.2公演をレポートします。
なお、本ライブには国木田花丸役の高槻かなこさんは体調不良により不参加。事前収録を行った映像パートのみの出演となっています。

 

lls_wi_logo_WEB

 

ポエポエが海を泳いでいくオープニングムービーから画面が切り替わると、雪を思わせる青と白の衣装に身を包んだキャストが、ステージのライトに照らされていました。やがてイントロともにシャンシャンとベルの音が鳴って、「聖なる日の祈り」の歌声が響きます。設置された雪だるまのセットの前で、「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~」でも見せたメンバーカラーのランタンを手に8人は優雅に踊りました。
続いても冬のライブにぴったりなクリスマスソング、「ジングルベルがとまらない」。高海千歌役の伊波杏樹さんによる「最高のカウントダウンライブにしましょう!」という言葉を皮切りに、「聖なる日の祈り」から雰囲気をガラリと変えて元気なダンスと赤と緑のライティング演出がスタート。まさにクリスマスパーティといった感じで、賑やかなパフォーマンスを見せてくれました。
Aqoursが「HAPPY PARTY TRAIN」(Day.1では「恋になりたいAQUARIUM」)を歌い終えると、ここでMCに。この1年、各所で披露してきた「Aqours結成5周年」のポーズを1列に並んで決めました。この時スクリーンには現在の時刻が表示されていて、メンバーからも「あと1時間!」と年越しの時が近いことが語られます。
寒い冬をライブで熱くしていきましょう、と次に歌った曲は「青空Jumping Heart」。軽快なステップで踊るダンスを見ていると、見ているこちらも心が温まります♪

_B1_1550_WEB

_B1_2175_WEB

_C1_0781_WEB

_C1_1734_WEB

_C1_2159_WEB

 

巨大なポエポエの上に8人が乗ると、渡辺曜役の斉藤朱夏が発した「ポエポエといっしょに全速前進ヨーソロー!」の声でポエポエは前進。ここからは、事前収録による映像パートが流れます。この冬発売したばかりの新曲CD「ラブライブ!サンシャイン!! デュオトリオコレクションCD VOL.2 WINTER VACATION」より、デュオトリオ曲が初披露されました。
このデュオトリオの組み合わせと【二つ名】は、投票企画によってみんなで決めたもの。衣装デザインはすべて、加藤アカツキ氏が担当しています。LoveLive! Days ラブライブ!総合マガジンでは現在、4号連続で加藤アカツキ氏によるデュオトリオイラストの特別連載を掲載していますので、こちらもお見逃しなく♪
デュオトリオから1曲目は、高海千歌、黒澤ダイヤ、津島善子のトリオユニット・天下無双【アンリミテッド・ファンタジスタ】による「Party! Party! PaPaPaParty!」。「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours浦の星女学院RADIO!!! 」の初代メインパーソナリティ3人による「ぐ~りんぱ」の掛け声が嬉しいですね(「ぐ~りんぱ」は、この3人組を示すラジオユニット名)。曲の最後には、年末のパーティについて話すやり取りの中で善子のお団子ヘアをみかんだといって千歌が追いかけます。CDに収録されたやり取りとはまた違う、ライブでしか聴けないワンシーンとなりました♡
デュオトリオ曲2曲目は、国木田花丸、黒澤ルビィの百花繚乱【ダンシング・フェアリー】が歌う「キモチもユメも一緒だね!」。ここは事前収録パートのため高槻かなこさんも姿を見せて、1年生組2人で笑顔いっぱいのダンスを披露します。スクリーンにはTVアニメ中の花丸とルビィのシーンが表示されていて、2人の友情と、ずっといっしょにいたいという気持ちが伝わってくるようでした。
続く3曲目は桜内梨子、渡辺曜の純情可憐【エンジェル・キス】から、「Misty Frosty Love」。この曲は1番では渡辺曜役の斉藤朱夏さんが、2番では桜内梨子役の逢田梨香子さんがメインで歌うのですが、その間2人は視線を合わせることがありませんでした。複雑な感情を歌うこの歌を、声だけでなく表情と目でも見事に表現する逢田さんと斉藤さん。曲の終盤にてしっかり向かい合ったのち、すれ違うように交差する姿が印象的です。
事前収録パートの最後は松浦果南、小原鞠莉の星河一天【スターダスト・オーシャン】が「涙が雪になる前に」にて歌声を重ね合わせます。TVアニメ1期第9話でお互いの本音をようやくぶつけ合えた果南と鞠莉。両腕を広げる果南と、その胸に飛び込む鞠莉がスクリーンに映し出されると、松浦果南役の諏訪ななかさんと小原鞠莉役の鈴木愛奈さんが映像とまったく同じタイミングでハグを行いました。おそらくかなりの練習が必要だったかと思われ、お2人の1期第9話に対する深い想いを感じずにはいられません。

千歌&ダイヤ&善子_B0_1190_WEB

花丸&ルビィ_B0_3395_WEB

梨子&曜_B0_6882_WEB

果南&鞠莉_B0_4808_WEB

 

画面が切り替わって、再び8人で並んだAqoursが着ていたのは「未熟DREAMER」の衣装。作中では夏まつりで歌った曲ではありますが、着物風の和風衣装が今回のカウントダウンライブにふさわしいお正月衣装となりました。ちなみに、昨年10月に発売したAqours ベストアルバム「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CHRONICLE (2015~2017)」のジャケットイラストではこの衣装を着たAqoursが描かれています!
メンバーが「未熟DREAMER」をしっとりと歌い上げるとふと鈴木さんから、ここまでの流れを作ったのはダイヤなのだと告げられました。実はDay.1とDay.2ではデュオトリオ曲の披露順が異なっていて、Day.2は果南と鞠莉の曲によって締められていました。この曲順を考えた発案者はなんと、黒澤ダイヤ役の小宮有紗さんなのだとか!
TVアニメ1期第9話で果南と鞠莉が仲直りした後で挿入歌として流れた「未熟DREAMER」なだけに、Day.2ではそれを感じさせるセットリストにしようという小宮さんの試みでした。この話を聞いて、キャストの方々が語るように、皆さん「ノックダウン」されたのではないでしょうか。ファン代表として、小宮さんも満足そうに笑みを浮かべていました♪

年越しの瞬間まで残り30分を切る中で、ファンのみんなから届いたお便りを読んでいくメンバーたち。わいわいと語るうちに告知のコーナーに突入します。Day.1でも告知されたAqours5周年記念アニメーションPV付きシングル「smile smile ship Start!」情報に触れると、この日はもう1つ嬉しいお知らせとして地元・静岡での初の野外ライブ「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 5th Anniversary LoveLive! ~LET’S GO WONDER TRIP~」の開催を発表しました。
カウントダウンライブで発表された内容に関して、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

_C2_4595_WEB

 

あっという間に、2021年まであと残り12分に! どうしようどうしようと慌てるメンバーの中で、逢田さんが年越しそば食べ忘れたと言い出す一幕も(笑)。8人はAqoursとファンのみんなとで初めて年越しができることを喜び合い、ありがたいねと語ります。
2020年最後にAqoursが歌う曲は、Aqoursの1stシングル収録にして「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~」のラストを飾った「Step! ZERO to ONE」。新しい明日が楽しみで仕方ない、そんな想いがビシバシと伝わってくる元気いっぱいのパフォーマンスを披露しました。スクリーンでは、歌詞に合わせて「2020」の表示が「2021」に変わるという演出も。そう、2020年大晦日の夜にAqoursが歌った「Step! ZERO to ONE」は、「0から1」であり「2020から2021」でもあったんです!

_B3_3585_WEB

_B3_3747_WEB

_B3_3781_WEB

 

歌い終えた時点で、2020年は残すところあと5分ほど。さきほど発表した野外ライブについての話や、成長したAqoursでドームツアーを達成したいと2021年の楽しみを語るうちに年越しの瞬間が間近に迫ります。すると黒澤ルビィ役の降幡愛さんの発案で、みんなで手をつないで年が明けるタイミングでいっしょにジャンプすることに。3、2、1とカウントダウンは進み、0と同時に8人がぴょんと飛び跳ねると映像には花火が映し出されました。
キャスト一同による「ハッピーニューイヤー」の声に続いて、1月1日が誕生日の黒澤ダイヤを祝う「ダイヤさん誕生日おめでとう」の声も。そしてパワフルなダンスとサウンドがこれまでもライブを盛り上げてきたナンバー、「スリリング・ワンウェイ」とともに2021年は幕を開けるのでした。ライブ冒頭に雪が降る冬らしい映像演出があったのですが、今度はその雪を溶かすかのごとく、熱い炎の演出がメンバーに振りに合わせて燃え上がります。

_B4_1578_WEB

_C2_5322_WEB

_C2_5356_WEB

_C2_6922_WEB

_A4_2375_WEB

_B3_3950_WEB

_B4_2440_WEB

 

カウントダウンライブ最後にAqoursが歌う曲は、本ライブで初披露となる「Future flight」。この歌は、LoveLive! Days ラブライブ!総合マガジンの読者参加企画「みんなで作るAqoursの歌」によってファンのみんなで生み出した「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CHRONICLE (2015~2017)」収録曲です。
2019年7月発売の総合マガジン第1号からスタートした、「みんなで作るAqoursの歌」。企画を進める中、まずは「未来」という楽曲テーマと「アゲアゲ↑ロック系」という楽曲ジャンルが決まりました。さらに募集したワードの中から「Hello! New world!」「終わらない夢」といった言葉を組み入れ、未来の希望にあふれた歌詞になっています。
みんなの想いを乗せて飛び立つ「Future flight」を歌い、新年からとびきりの輝きを見せてくれたAqours。常に明日に向かって走り続けてきた彼女たちらしい、疾走感の満ちた年明けを迎えることができました。新しい年もその先もAqoursは、この歌のようにどこまでも飛び続けることでしょう。

 

ファンの皆さんにまた直接会えることを信じて頑張っていきますと、伊波さんが今の気持ちを言葉にしたところで、8人は並んで「本日はありがとうございました」と一礼。最後に降幡さんが口にした「親愛なるお姉ちゃん、誕生日おめでとう」というTVアニメ1期第9話のルビィを思わせるひと言は、「未熟DREAMER」衣装の姿なだけにグっときた人が多いはず。
最後の最後までキャスト陣の『ラブライブ!サンシャイン!!』愛をひしひしと感じさせる、Aqoursらしいカウントダウンライブだったのでした♪

_A3_3582_WEB

_B1_4100_WEB

_C1_3477_WEB

 

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours COUNTDOWN LoveLive! ~WHITE ISLAND~
■出演
Aqours
高海千歌(CV.伊波杏樹)、桜内梨子(CV.逢田梨香子) 、松浦果南(CV.諏訪ななか) 、黒澤ダイヤ(CV.小宮有紗) 、渡辺 曜(CV.斉藤朱夏) 、津島善子(CV.小林愛香) 、国木田花丸(CV.高槻かなこ) 、小原鞠莉(CV.鈴木愛奈) 、黒澤ルビィ(CV.降幡 愛)
※高槻かなこを除く8人でのパフォーマンスとなります。
※事前収録映像パート(「キモチもユメも一緒だね!」)につきましては、高槻かなこも出演の上収録しております。

 

―――――――――――――――――――――――――
【関連HPはこちら】

■Aqours 5th Anniversary 特設サイト
■ラブライブ!サンシャイン!!公式サイト
■ラブライブ!公式ツイッター

―――――――――――――――――――――――――

(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

2021年1月8日(金)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター