新刊情報

  • GcomH1705_01
  • versgadfbadffdf

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2016年4月2日(土)
『ラブライブ!』μ’sファイナルライブレポート “いまが最高!” ドームが、世界中が、全力で歌い踊り輝いたμ’s東京ドームファイナルライブ!!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

【4月8日写真追加しました】

 

2010年より始まったスクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』。この6年間の、1つの集大成となるμ’s最後のワンマンライブ「ラブライブ!μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」が、3月31日(木)&4月1日(金)に東京ドームにて開催されました!

ライブ2日目、μ’s9人のワンマンライブとしては本当にファイナルとなる4月1日の模様を現地からレポート!!
穂乃果たちμ’sメンバー9人と演じる新田恵海さんたちキャスト9名――“18人”のμ’s。そして東京ドームの客席を埋め尽くすファン。さらに国内各地&海外10カ国でも実施されたライブビューイング会場のファン。会場、そして世界中のみんなで作った輝きの時間を、速報写真とともにお届けします!

llv_mf_light-bg_K

 

 

●スペシャルアニメとともにファイナルの幕が開く! 1曲目は記念すべき1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」

期待高まるμ’sファイナルライブは、今回だけのスペシャルアニメーションとともに幕開け。なんと、TVアニメ2期第13話で妊娠が発覚した音ノ木坂学院のマスコット・アルパカ(♀)が、μ’s9人に見守られながら赤ちゃんを産むという、意表をつく新エピソードから始まりました♪ 2日目である4月1日は、前日のオープニングアニメで誕生した赤ちゃんアルパカが、最初の一歩を踏み出し、歩きはじめるところからスタート!
さらにアニメーションの中のμ’sメンバーたちは、客席とのコール&レスポンスに加え、最初のライブ会場である横浜BLITZから今回の東京ドームまで、ハートの風船を受け渡していきます。『ラブライブ!』が産声を上げた2010年からの約6年間、そしてμ’sの歩みとその成長を噛み締めるようなオープニングとなりました。

そしてオープニングアニメからつながるように、1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」のPV映像が流れると、μ’sキャスト9名がきらびやかにパワーアップした同曲の衣装姿でステージに登場! ファンたちのテンションも一段とあがる中、待望のパフォーマンスが披露されました!!

YUT_4254_WEB

 

 

●ゴンドラにムービングステージに! 広大な会場をμ’sが駆けめぐる!!

2曲目であるTVアニメ1期のOP主題歌「僕らは今のなかで」が終わったところで、μ’sキャストたちが最初のごあいさつへ。
恒例の自己紹介コール&レスポンスと合わせて、ライブへの想いを語る9人。緊張していたのか、噛んでは頭を抱えて茶目っ気のある姿をみせるキャストたちに、客席のファンたちからは「がんばれ!」の声が! メンバーカラーのペンライトを振ってあたたかい声援を送っていました。

YU7_1931※

それぞれの言葉で、最高の1日にしたいという気持ちを語ったキャストたちは、続けてμ’sPV付きシングル曲やTVアニメ曲を披露することに!

3曲目の「夏色えがおで1,2,Jump!」では、メインステージから花道を通ってセンターステージへ移動。4曲目「Wonderful Rush」では、床が客席の上を通るムービングステージでバックステージへと移動。そして次の「友情ノーチェンジ」では3曲目以降ステージからいったん離脱していた絢瀬絵里役・南條愛乃さんが乗っていた大きなゴンドラに他のμ’sメンバーたちが合流し、ドームをぐるっと半周!

その後の楽曲でも、メインステージはもちろん、花道でつながっているセンターステージ、1塁ステージ、3塁ステージに移動したり、アリーナ席の通路を駆け抜けるゴンドラに乗ったりと、東京ドームの会場を活かしたさまざまな方法でファンのみんなの近くをめいっぱいに駆けめぐりました!

 

 

●ミニスカメイド服風の新衣装「もぎゅっと“love”で接近中!」を披露!

6曲目に披露された「もぎゅっと”love”で接近中!」は、ジャケットイラストなどに描かれている衣装デザインをアレンジした新衣装でのパフォーマンスとなりました。この楽曲は、2012年2月に開催の初ライブ直前に発売されたμ’s4thシングルの表題曲。9人それぞれが横並びになってみせる決めポーズなど、キュートかつメリハリのある振りつけが印象的で、これまでのワンマンライブでも欠かさず披露されてきた人気曲です。今回のライブでは、メインステージの階段を使った穂乃果ソロパートの演出などに加えて、発売から4年を経て作られた衣装によって、アニメーションPVの再現度をよりパワーアップさせたパフォーマンスを披露してくれました♪

YU7_2354※

 

 

●それぞれ個性あふれる衣装姿をみせた3組のユニットが登場

キャスト9人のインタビューとともにこれまでのプロジェクトを振り返る幕間映像「μ’s Chronicle」をはさみ、ライブはμ’sからユニットのコーナーへ! 電撃G’sマガジンの誌上企画にて投票でメンバー構成を決め、名前アイデアを募って生まれた3組のユニット・Printemps(穂乃果&ことり&花陽)、lily white(海未&凛&希)、BiBi(絵里&真姫&にこ)は、これまでのライブでも、三者三様の衣装・パフォーマンスで、多くのファンを魅了してきました。

今回のライブでは各ユニットとも、結成当初にリリースされた第1弾CDのジャケット衣装デザインをもとに、東京ドームのステージ用にアレンジした衣装姿で登場!

Printempsはピンク色をモチーフにした愛らしくも元気系な衣装を披露。白のロングジャケットを、まるでロッカーのようにかっこよく着こなす高坂穂乃果役・新田恵海さん、珍しいパンツルック&大胆なお腹出しにチャレンジした南ことり役・内田彩さん、そして特徴的な白い帽子ともこもこ襟のノースリーブがキュートな小泉花陽役・久保ユリカさんが、新曲「WAO-WAO Powerful day!」や「NO EXIT ORION」をはじめとする3曲を披露しました。

続いて歌謡曲風の新曲「思い出以上になりたくて」をしっとりと歌いあげながら登場したlily whiteは、それぞれカラフルなワンピースに、透明の小さな風船を組み合わせた衣装に。MCでは「初めて風船を着ました」と園田海未役・三森すずこさんが語ると、星空凛役・飯田里穂さんは「着てると暖かい、というか暑い(笑)」と着心地をレポート。東條希役・楠田亜衣奈さんは「なんか飛べそうだよね」とジャンプし、会場を和ませました。また、客席で光るピンクと白のペンライトを桜に見立てて、「ドームに桜を咲かせましょ!」の合図で、会場を満開にするパフォーマンスをみせ、「春情ロマンティック」を初披露しました。

最後は「Cutie Panther」の曲とともにゴンドラに乗ったBiBiが、黒をベースにした衣装姿でド派手に登場し、会場はリズミカルな曲に合わせて、一気にクラブのようにハイテンションな雰囲気に! さらに新曲「PSYCHIC FIRE」では、楽しいコールに加えて、メンバー3人が会場のスクリーン演出と連動した、コミカルで遊び心満載なパフォーマンスをみせました。またMCでは南條愛乃さん、西木野真姫役・Pileさん、矢澤にこ役・徳井青空さんの3人が、協力しながら“BiBiコール”をかけ、客席を盛りあげました! 最後の「錯覚CROSSROADS」では打って変わって、クールなBiBiの姿もみられました♪

 

 

●待ちに待った劇場版挿入歌「Angelic Angel」。豪華絢爛な和服パフォーマンスに惚れ惚れ

ライブ後半戦は、劇場版の挿入歌が初披露に!
μ’sが海外の街中でスクールアイドルの魅力をアピールした「Angelic Angel」では、着物風の衣装はもちろんのこと、メンバーそれぞれの髪型も完全に再現。中でも再現が難しそうだった、海未の天女のような輪っかつきの髪型は、その後のMCトークでも触れられました。

またアニメで描かれた扇子の光も、スクリーン上の映像で再現されました。劇場版映像の公開時から、キャストやファンたちもライブで再現できるのかを注目していただけに、μ’sが扇子でハートを描くサビの振りつけで、光の演出が再現された時は、大きな歓声があがりました。

その後はライブで人気の、扇子を振りつけに使った和服曲「輝夜の城で踊りたい」「だってだって噫無情」を続けて披露するμ’s。
ふだんのμ’sよりも少し大人っぽくセクシーな振りつけと、楽曲の世界観にどっぷり浸りました!

YU7_3164※

YUT_4943_WEB

 

 

●コミカル&キュートなダンスが魅力! 絆を感じる各学年ごとのミュージカル風ステージ

幕間をはさみ、今度は劇場版の挿入歌「Hello,星を数えて」「?←HEARTBEAT」「Future style」が続けて披露されました。
1年生トリオが歌う「Hello,星を数えて」ではステージ上に、劇場版のシーンを思わせる街灯やイエロータクシー、カフェテーブル&チェアのセットが♪ そして再現したミニスカートの衣装を着て、元気に飯田さんがセンターステージに登場。街灯を中心にくるっとまわったりと、子猫のようなダンスをみせます。続いてイエロータクシーから傘を持って降りるコート姿のPileさん、同じくコート姿でカフェで座っていた久保さんも歌にあわせて立ち上がりステップ。サビでは3人で息のあったダンスをみせました。さらに2番の歌詞に入ったところで久保さんとPileさんが着ていたコートをするりと脱ぎ、凛とおそろいの衣装姿を披露! ライブならではのうれしいサプライズに客席も大盛りあがりでした。

YUT_5080※
続いて3年生トリオが登場。TVの中のアイドル衣装デザインを再現したステージ衣装に赤ぶちのサングラスという、なんともユーモラスな出で立ちの3年生メンバーが、「?←HEARTBEAT」をパフォーマンス。おしりがぶつかりあったり、ほっぺたをつねったりというコミカルなアクティングはもちろん、1番のサビ終わりで劇場版の映像と同じく赤いソファーに座りこむところも再現。2コーラス目以降も楠田さんがすくっと立ち上がったりと、コミカルな振りつけが続き、最後まで楽しませてくれました。

YUT_5106※
最後は音ノ木坂学院の制服を着た2年生トリオがセンターステージに登場し、「Future style」を披露。手を大きく広げるのびのびとしたダンスや軽やかなステップで、未来の自分たちの姿を描いた楽曲を歌いました。大サビでは桜吹雪が舞い、映像とリンクした演出も……!

YUT_5116※

 

 

●電撃G’sマガジンの読者参加型連載『みんなで作るμ’sの歌』で作った曲も披露!
「SUNNY DAY SONG」の衣装姿で、TVアニメ2期OP主題歌「それは僕たちの奇跡」を歌うμ’s。続く楽曲は、2015年の日本全国10カ所や2016年の上海&台北で開催されたμ’sのファンミーティングで欠かさず歌い、みんなで踊ってきた「ミはμ’sicのミ」に。

この「ミはμ’sicのミ」は、公野櫻子先生が書き下ろした電撃G’sマガジンの連載「みんなで作るμ’sの歌」と連動して作った楽曲で、歌詞や振りつけなどのアイデアを読者から募り、1つ1つ投票で決めていった、まさに“みんなで作る歌”です。そんな、みんなによる、みんなのための、みんなのμ’sの歌だからこそ、みんなでタイトルコールをし、ミュージックスタート!

「μ’sic Forever」など、心に沁みる歌詞がスクリーンに表示され、みんなで歌えるようになっていました。
また客席にはファンミーティングに参加した人も大勢いるようで、振りつけもバッチリで踊っている人も。今回のライブでも、みんなで楽しむことができました♪

 

 

●「Super LOVE=Super LIVE!」を皮切りに怒涛のスーパーライブタイムへ突入!!
「ミはμ’sicのミ」の流れで、カップリング曲の「Super LOVE=Super LIVE!」が続けて披露。疾走感のあるサウンド、曲中にたっぷり入ったコールと、まさにμ’sライブのために作られたこの楽曲で、会場のテンションはさらにアップ。μ’sメンバーひとりひとりが「Super LOVE=Super LIVE!」と歌うパートでは、ステージ上のライトはもちろん、客席のペンライトもメンバーカラーに切り替わり、見事に東京ドームでの“スーパーライブ”を成功させました!

さらにライブで盛りあがる鉄板曲「No brand girls」、「KiRa-KiRa Sensation!」と、ハイテンポの楽曲が続き、盛りあがりは最高潮に。この時点でライブ開始から3時間半が経過していたにも関わらず、ステージ上のμ’sも観客たちもへばることなく笑顔全開! 会場中が心を1つにこの瞬間を全身全霊で楽しみました!!

 

 

●スクールアイドルみんなの曲「SUNNY DAY SONG」を世界中のみんなと一緒に――
「ミはμ’sicのミ」から、4曲を続けて歌い踊ったμ’sメンバーたち。さすがに息をあげながらも「どうしよう! 楽しすぎるんだけど!!」と笑顔をみせる新田さん。他のメンバーたちも、汗を流しながらも輝くような笑顔をみせていました。
そして、ライブ本編の最後の曲、劇場版でμ’sがスクールアイドルみんなと歌った「SUNNY DAY SONG」に。

みんなで踊れるようにと、飯田さんを中心に振り付け講座も設けられました。みんながサビ部分の手の振りをマスターしたところで、μ’sミュージックスタート! ペンライトを持ちながらも、教わったサビの部分は、みんなでダンス。さらにイントロのクラップの部分など、振りつけを教わってないところまでばっちり踊るファンの姿も。また2番のBメロの、穂乃果&ことり&にこの振りつけや、大サビ前の間奏でμ’s9人が横並びなった時の足のステップなど、劇場版でも人気の場面が披露されると、客席から感嘆の声が響きました。満員の東京ドーム会場、そして世界中のライブビューイング会場のみんなと一緒に、μ’sの最高のパフォーマンスが披露されました。

YUT_5310※

SOKUHOU_YUT_5370_1※

 

 

●「私たちはずっとμ’sです!!」涙あふれるアンコール

ライブ本編が終わり、東京ドーム内は「アンコール」の声が響きました。
しばしの時間が経った後、スクリーンにはこれまでのPV映像が流れました。

そして映像の終わりとともに、ふたたびμ’sが「僕らのLIVE 君とのLIFE」の衣装を着て、ステージに登場しました!

「START:DASH!!」、そして「Snow halation」を披露するメンバーたち。会場の白いペンライトが、穂乃果のソロパートでオレンジ色に変化すると……。

_82T6861_WEB
東京ドーム会場に集まった満員の観客たちが生み出す輝きは、これまでのμ’sワンマンライブでも観たことがない美しさで、圧倒されてしまいました。

その後はμ’sは「Oh,Love&Peace!」を熱唱しながら、ゴンドラでドーム会場をぐるっと1周。歌で、身振り手振りで、パフォーマンスで、会場中にいるみんなへの「ありがとう」を伝えるμ’s。そんな姿に観客たちの中には、μ’sへの“大好き”という想いを伝えようと歌い始める人も……。

YU7_4155※
続くTVアニメ2期のED主題歌「どんなときもずっと」では、画面に歌詞も表示され、会場中で歌声が響きました。
曲が終わるとメンバーひとりひとりが、みんなにラストメッセージを送りました。
あふれそうな涙をなんとか抑えるように、感謝と愛を送るメンバー。ワンマンライブは最後でも、μ’sもμ’sの音楽も永遠であることを語るメンバー。メッセージの中でついに涙がこぼれてしまったメンバー。
最後に穂乃果役の新田さんは「私たちはずっとμ’sです」と力強く告げました。

そしてμ’sファイナルシングル「MOMENT RING」のタイトルコールとともに、アンコール最後の曲がスタートしました。今回初めて披露されたダンスは、これまでのμ’s曲の振りつけが散りばめられており、歌と合わせて6年間のμ’sの輝きが軌跡となって感じられるようなパフォーマンスでした。
さらに大サビの間奏ではひとりひとりの振りつけが、アニメのμ’sのポーズとリンクする感動の演出も……! アニメとキャストのμ’sが完全に一体になったような、不思議な感覚を味わいました。

YUT_5457_WEB

 

 

●“いまが最高!”μ’sと観客たちが大合唱!!

「MOMENT RING」が終わってステージのライトが消えても、観客たちの拍手はなりやまず。「もう一回」という追加コールも!
その中キャスト9人が、μ’sメンバーへの想い語るインタビュー映像がスクリーンに映し出され、映像に見入る観客たち。
そして映像が終わると、センターステージに向かって見覚えのある巨大な花のセットが……! そう、それは劇場版の最後でμ’s9人が歌った挿入歌「僕たちはひとつの光」のステージセットでした。

μ’sメンバーによる1から9までと、ファンたちの「10!」というカウントの後、「μ’s ミュージックスタート!」のかけ声が会場に響き、イントロが流れ出しました。
曲に合わせて花開くセットの中には、劇場版と同じくピュアな白とピンクの衣装に身を包んだμ’sメンバーの姿がありました。

YU7_4386_WEB

アニメと同じく、最高の笑顔を浮かべたまま、完璧な歌とダンスをみせるμ’sは、もう見事としかいいようがありませんでした。
そんなμ’sに、ファンたちもつられるように「僕たちはひとつの光」を歌い出しました。前日のライブで自然と生まれた合唱は、この日、より力強いものとなっていました。

YU7_4338※

_82T7042_WEB

そしてオチサビの“旅立ちの日だよ”のターンで、9人のスカートが色とりどりの花を開かせるという衣装の早替えギミックもキレイに決まり、最後のパフォーマンスを終えたμ’s。

9人の歌が終わっても、観客たちの歌は終わらず、東京ドーム中を包みました。輝く汗と涙、そして笑顔で、「ありがとう!」のメッセージを送るμ’sメンバーたち。
その中でμ’s9人が円陣を組んでメンバー同士が語らう場面もありました。

μ’sがステージからみえなくなるその瞬間まで、会場中のみんなが歌い、μ’sのファイナルワンマンライブの幕は閉じました。

YU7_4410_WEB
歌にダンス、そして衣装にセットまで……。最後の最後まで、一生懸命、全力のパフォーマンスでライブステージに立った“18人”のμ’sに。そしてμ’sとともに最高の瞬間を作ったみんなに、今は心から大きな拍手を送りたいです。

 

 

【※クリック・タップすると拡大します】

 

 

【セットリストはこちら】

 

 

-------------------------------
【DATA】
ラブライブ!μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~

 

■開催日:2016年3月31日(木)・4月1日(金)
■場所:東京ドーム
■出演:μ’s
新田恵海(高坂穂乃果役)、南條愛乃(絢瀬絵里役)、内田 彩(南 ことり役)、
三森すずこ(園田海未役)、飯田里穂(星空 凛役)、Pile(西木野真姫役)、
楠田亜衣奈(東條 希役)、久保ユリカ(小泉花陽役)、徳井青空(矢澤にこ役)
■公式サイト:http://www.lovelive-anime.jp/

-------------------------------

(C)2013 プロジェクトラブライブ!

 

 

 

 

【関連記事】

・【ライブレポート】国内&海外で実施された『ラブライブ!』μ’sファイナルライブのライブビューイング。新宿バルト9での模様をお届け!

・【朗報!】「ラブライブ!μ’s Memorial Items」発売決定! ファイナルワンマンライブも映像化されるぞ!

・【速報】「ラブライブ!μ’s Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜」セットリストをお届け!

・【『ラブライブ!』μ’sありがとうProject 特別レポート】みんなと「大好き」を共有したい! μ’s Live in Theaterが全国劇場にて上映中!!

・【写真&レポート】『ラブライブ!』μ’s初の海外単独イベント「LoveLive! μ’s Fan Meeting in 上海 ~Talk&Live~」で大盛りあがり!

 

―――――――――――――――――――――――――

◆ラブライブ!劇場版の“軌跡”と“奇跡”を詰め込んだ公式本!!

ラブライブ! The School Idol Movie 劇場版オフィシャルBOOK

ll_mbook_cover

好評発売中

発行:株式会社KADOKAWA
価格:2300円(税別)

A3折り込みポスター付き

 

↓ご購入はこちらからも♪

btn_amazon

―――――――――――――――――――――――――

◆カバーイラストは室田雄平描き下ろしのμ’sメンバー9人!

ラブライブ! TVアニメオフィシャルBOOK

ll_sim_cover

好評発売中

発行:株式会社KADOKAWA
価格:2000円(税別)
A3綴込みポスター付き

 

↓ご購入はこちらからも♪

btn_amazon

―――――――――――――――――――――――――

◆UR&SRのμ’sメンバーを大判で楽しめるイラスト集第4弾!

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル official illustration book4

01

好評発売中
発行:株式会社KADOKAWA
価格:2000円(税別)
A3綴込みポスター付き

 

↓ご購入はこちらからも♪

btn_amazon

―――――――――――――――――――――――――
(C)2015 プロジェクトラブライブ!ムービー
(C)KLabGames
(C)bushiroad All Rights Reserved.

2016年4月2日(土)

関連記事

オススメ記事