新刊情報

  • gmgIIh1712_01
  • gggg

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2016年12月8日(木)
Key新作『Summer Pockets』発表! ヒロイン公開&制作陣に独占インタビュー!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

美少女ゲームブランド・Keyの最新作『Summer Pockets』がついに発表! 本日よりティザーサイトが公開されました。原案は麻枝 准氏で、離島の田舎町を舞台に、ノスタルジックなひと夏の物語が紡がれます。シナリオライターに新島夕氏とハサマ氏、原画に和泉つばす氏と永山ゆうのん氏を迎えるなど、Key作品に新たな風を吹かせる制作スタッフ陣も目を引くところ。企画の経緯や作品のコンセプトは? 制作スタッフ起用の決め手は? ディレクターとシナリオライターを兼任する魁氏を筆頭に、シナリオライターの新島夕氏、ハサマ氏への独占インタビューをお届け。さらに、麻枝 准氏、Na-Ga氏、和泉つばす氏、永山ゆうのん氏からの独占メッセージも大公開します!

 

keysp

 

◆原案は麻枝 准氏! 『Summer Pockets』企画の経緯は?

 

――『Angel Beats! -1st beat-』に続く、フルプライスの完全新作がついに発表されました。企画はいつごろから動いていたのでしょうか?

 

魁氏(以下、魁):動き出したのは2015年の冬前くらいからですね。『1st beat』制作時は、当時まだ弊社に在籍していた都乃河勇人主導の企画と、Key15周年記念作品『Harmonia』の制作も同時に動いていたのですが、3ライン同時に回すのはなかなか厳しく、都乃河の企画が先送りになる形になっていたんです。その後、彼がKeyを退社することになり『1st beat』が発売され、『Harmonia』も完成し……。

 

――『1st beat』に続く新作の予定が空白になってしまったというわけですね。

 

:はい。Keyとして、『Angel Beats!』シリーズとは別に、新作を作る必要があると考えていました。そうしたわけで、社内で新作の企画コンペを行うことになったんです。これまでのKey作品は、弊社の麻枝(麻枝 准氏)が企画から作っていくことがほとんどでしたが、今回は新しい作り方をしてみよう、と。コンペは「麻枝が築き上げた『楽しい日常と、泣ける物語』というコンセプトだけはそのままに、既存のKey作品のイメージにとらわれず自由な企画を」という趣旨で、幅広い企画が集まりました。なかには「ちょっと冒険しすぎかな?」というようなものもありましたが(笑)。

 

新島夕氏(以下、新島):僕が提出させていただいた企画なんですけどね……(苦笑)。

 

――どのような企画だったのでしょうか?

 

:もちろんそのままというわけではないのですが、言ってしまえば『攻殻機動隊』のような……(笑)。

 

――ガチなSFモノだった、ということですね(笑)。そのコンペの中に、本作の企画があったのでしょうか。

 

:おもしろい企画はたくさん挙がったのですが、Key作品としてはもう一歩パンチが足りないのではないか……という時に、麻枝がぽろっと「今、こんな企画を考えているんだけど」と前置きして話してくれた企画が、本作の骨子だったんです。それを聞いた瞬間、みんなが「これが麻枝 准か!」と納得しましたね。麻枝から提案されたのは世界設定、ストーリーの軸と結末で、それをベースに僕と新島さんで細かい設定を固めていきました。

 

――それでは、本作のコンセプトについてお聞かせください。海辺にある夏の田舎町が舞台ということで、やはりファンとしては『AIR』を思い浮かべてしまいますが。

 

:『AIR』を思い浮かべられる方も多いだろうというのは僕らも承知していましたが、麻枝から提示されたコンセプトは、他社さんの作品でいうなら『ぼくのなつやすみ』なんですよ。川遊びや昆虫採集のような、ノスタルジックな遊びの風景に、Key作品ならではの楽しい日常シーンを乗せたいなと。ヒロイン同士の横のつながりや、『リトルバスターズ!』や『Angel Beats!』に見られるような、魅力的な男性キャラクターたちも描くことで、『AIR』とはまったく手触りが異なる作品になると思っています。

 

――作品名についてもおうかがいいたします。『Summer Pockets』には、どのような意味が込められているのでしょうか。

 

:少年時代の思い出というのは、どれも大切で、大事にしまっておきたいもの。ポケットというのは、そんな思い出をしまう小さな宝箱のような物でした。「夏の小さな宝箱」そういった意味合いを込めたタイトルです。

 

 

◆ここで、ヒロインを独占スクープ!

Key作品といえば、個性豊かで魅力的なヒロイン。G’sマガジン.comでは、4人のヒロインのラフと名前をスクープ!

電撃G’sマガジン2月号(12月27日発売)では、さらなる詳細プロフィールを公開予定なので、そちらもチェックしてください!

 

「夏休みを忘れた少女」

鳴瀬 しろは(なるせ しろは)

shiroha

 

「島の伝承を追う少女」

空門 蒼(そらかど あお)

ao

 

「海賊船を探すお嬢様」

久島 鴎(くしま かもめ)

kamome

 

「自分探しをしている後輩」

紬 ヴェンダース(つむぎ う゛ぇんだーす)

tsumugi

 

 

 

◆縁が紡いだ、制作スタッフ選定の経緯

 

――制作スタッフの人選についてもおうかがいします。シナリオライターとして、魁氏のほか、新島夕氏とハサマ氏がクレジットされています。

 

:企画コンペ後も麻枝をまじえて企画会議を進めていたのですが、その後、麻枝に入院を伴う深刻な体調不良がありまして……。それならばシナリオライターを増やさなければ、とお願いしたのがこのお2人です。新島さんは弊社のSAGA PLANETSに在籍しておられたというご縁もあるのですが、馬場(ビジュアルアーツの代表取締役・馬場隆博氏)からも、かねてより「新島さんには仕事を頼めないのか」と何度も言われていたほどでして。今回、ちょうどタイミングが合ってお願いできました。ハサマさんはコンシューマー版の『クドわふたー』でシナリオをお手伝いしていただいており、こちらとしても安心感があってその縁でお声がけしました。

 

――新島氏とハサマ氏は、Key作品を手がけることになっての感想はいかがですか?

 

新島:今まで企画レベルから作らせていただいたことがあり、自分としてやりたいことはあるんですが、同時にKeyさんならではの魅力を尊重したいとも思っています。今は魁さんと打ち合わせを重ねながら、“自分らしさ”と“Key作品らしさ”の一番よいバランスを追い求めています。

 

ハサマ氏(以下、ハサマ):僕は19歳の時に発売された『AIR』に大ハマリして、この業界に入ることを決意しましたので、今ここにいること自体が奇跡といいますか、まだ夢見心地といいますか……。今でも、明日の朝に目が覚めたら夢だったりするのでは思うことがあります(笑)。

 

――それでは、作品の舞台設定やあらすじをお聞かせください。

 

:瀬戸内海にある、人口2000人程度ののどかな離島・鳥白島(とりしろじま)が物語の舞台です。主人公の鷹原 羽依里(たかはら・はいり)は、島の人間ではなく都会育ちの少年ですが、あるイヤなことがあって、亡くなった祖母の遺品整理にかこつけて逃げ出すようにこの島にやって来ます。そんな彼と、島に住む少女たちとの出会いと交流を描きます。島自体は架空の存在ですが、背景としては実在の場所も登場する予定です。男木島や女木島、直島に取材に行きました。

 

――発表されたキービジュアルについてもおうかがいします。背景の比重が大きく、それが逆に目を引きます。

 

:ノスタルジーな感情を引き出せるものにしたかったのですが、それならばこういう構図かなと。見ていて想像もふくらみますよね。背を向けている子はメインヒロインの鳴瀬しろはですが、彼女は何かを待っているのか、それとも誰かが去るのを見送っているのか? その瞳に映るのは海なのか空なのか、そしてどんな表情でそれを見つめているのか……。夏休みならではの出会いと別れ、始まりと終わり。いろいろな意味を込めています。それと、蛇足かもしれませんが、このキービジュアルの背景は実在の場所だということもお伝えしておきます。

 

――“聖地巡礼”をするファンも出るかもしれませんね! キャラクターデザインに関してもお聞かせください。今回はNa-Ga氏を筆頭に、和泉つばす氏、永山ゆうのん氏を起用されておられます。

 

:永山さんは『1st beat』でお手伝いしていただいており、その流れでお願いしました。Na-Gaの絵との親和性が高いというのも、大きな理由です。和泉つばすさんは、『Angel Beats!』のゆり役でおなじみの櫻井浩美さんのご紹介でお会いする機会がありまして。いつかお仕事をごいっしょできればと思っていたんです。お忙しいのは承知で本作の企画にあたりご相談したら、お引き受けいただけました。シナリオも原画も、縁が紡いだ人選だといえますね。どの方も、本作を今までのKey作品に負けない、もしかしたらそれ以上の作品にしてくださる方だと信じています。

 

――最後に、本作への意気込みをお願いします。

 

新島:Keyさんの作品の魅力をひと言で言うとやはり「泣きゲー」になると思いますが、僕はコミカルな日常のやりとりもとても好きなんです。ですので、ギャグシーンもギャグがスベらないようにがんばります!

 

:新島さんの書かれる日常シーン、僕はとても好きですよ!

 

新島:そう言っていただけますと安心します(笑)。

 

ハサマ:『AIR』に衝撃を受けたあの日の自分に、そして、当時の僕と同じ気持ちを抱いている今のKeyファンのみなさんに、恥じることのないシナリオを書ければと思います。あの時この業界を志した僕が今こうしてここにいられる以上、そうしなければならないと思うんです。

 

:今回はシナリオをずいぶんと先行させて動いていて、どのヒロインもプロットは固まりつつあり、それが終わればあとはひたすら書いていくだけです。まだ制作にお時間をいただくことにはなってしまいますが、きちんと新作を作っていることをみなさんにお伝えしたく、このたび発表させていただきました。田舎町ののどかな夏の日々を見てノスタルジーにひたるもよし、こんな時代があったのかと思っていただくもよし……色々な楽しみ方ができる作品をお届けしたいと思っています。よろしくお願いします!

 

 

 

 

Key最新作『Summer Pockets』を手がけるシナリオライター陣へのインタビュー、いかがでしたでしょうか? 12月27日発売の電撃G’sマガジン2月号では、ヒロインの詳細プロフィールや性格を公開! さらに魁氏、新島氏、ハサマ氏による4人のヒロインの魅力解説や企画時のこぼれ話、新島氏とハサマ氏の人となりがかいま見える“好きなKeyヒロイン”など、さらなる独占情報を加えたインタビューをお届けします。こちらもお楽しみに!

 

それでは、原案の麻枝 准氏、原画のNa-Ga氏、和泉つばす氏、永山ゆうのん氏からのコメントをご覧ください!

 

line_blue

 

●麻枝 准氏(原案)

Keyの新作を考えるにあたって、社長と話していたのは、やっぱり「泣き」が必須だな、ということです。それもじーんと感動できるレベルじゃなく、クリックしながら涙をリアルに流す、という本当に「泣ける」レベルのもの。それを次生み出さないとKeyは終わりだな、という覚悟で臨んだわけですが、上がってくる企画がまあ泣けない(汗。面白いかもしれないけど泣けない(滝汗。で、考えるつもりがなかった自分が例えば…で始めたお話が、「うん、麻枝さんだ」って、みんなが頷きはじめて。え、これにするの?ってきょとんとなって、まあ、他に候補もないし、これしかないのか…と、不安を覚えつつ原案が決まりましたね…。
テーマとしてはAIRのような親子愛だと思うのですが、なんだかこれまでのKey作品の焼き直し感が強くて、そこはライターが今回自分じゃなく、Keyで書くのは初めての方が多いんで、新しいものにしてくれるかな、と期待しています(自分が書くと本当に焼き直しになってしまうので書きません)。
大病を患うまでは、月二回ある会議には出席していました。入院してからは、参加できてません。でも退院して仕事に復帰したのでまた会議にも参加して意見は言っていくつもりでいます。
「泣ける」作品を作るのは大変だと思います。
スタッフのみんな、頑張れー!と日々心の中でエールを送り続けています。

 

●Na-Ga氏(原画)

本作では、今までのKeyというブランドのファンの皆様、そして今までKeyのゲームにふれていなかった皆様にも満足していただけるよう、そして一日でも早く皆様のお手元に届けられるよう日々開発をしておりますので、今までのKey作品同様どうぞよろしくお願いいたします。

 

●和泉つばす氏(原画)

Keyさんの作品は初参加になりますが、自分なりの表現を作中がんばっていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

 

●永山ゆうのん氏(原画)

やったーKeyの新作だ!!と、私も1ファンとして発売が楽しみです。
作品コンセプトなどを見て、今回の作品も絶対おもしろいし、かわいいし、感動すると思ったので、期待して待っていて間違いないと思います!
私も、イラスト1枚1枚魂込めてがんばりますので、どうぞよろしく願いします!

 

line_blue

 

4人のヒロインの詳細プロフィールはもちろん、さらなる独占情報を加えたインタビューをお届けする電撃G’sマガジン2月号(12月27日発売)も、お楽しみに!

 

<作品概要>

 Summer Pockets

●スタッフ

・原案:麻枝 准

・プロデューサー:丘野塔也

・ディレクター:魁

・原画:Na-Ga、和泉つばす、永山ゆうのん

・シナリオ:新島夕、魁、ハサマ

・音楽:折戸伸治、麻枝 准、どんまる、竹下智博 …etc.

 

<関連情報>

・『Summer Pockets』ティザーサイト

 

 

※本記事に掲載されている画像は、開発中のものです。

(C)VisualArt’s/Key

 

 

2016年12月8日(木)

関連記事

オススメ記事