新刊情報

  • gMgh1712_01
  • rr

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2016年12月6日(火)
【Aqours 写真レポート】「スクフェス感謝祭2016 ~OSAKA~」スクフェスAC体験コーナーにサプライズで登場!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

01

11月13日(日)に開催された「スクフェス感謝祭2016 ~OSAKA~」では、開会式と閉会式にAqoursキャストが出演しましたが、じつはもうひとつ、キャストによるイベントがありました。それが『Aqoursの! スクフェスAC体験レポート!』でした。

 

◆Aqoursのキャストが9人そろって『スクフェスAC』でシャンシャン♪

会場のインテックス大阪に設けられたスクフェスAC体験コーナーは長時間の待機列が形成される人気ぶりでしたが、そのコーナーに一時入場規制がかかり、多くのスタッフが配置されると、周辺では「まさか……来る?」といった空気でざわつき出しました。そこへAqoursのキャストが現れると、会場のあちこちから半ば悲鳴のような歓声!

 

そんな歓声をかきわけるように体験コーナーへ到着したAqoursのキャスト9名。それぞれが周囲を取り囲んだ観客に挨拶をすませると、設置された『スクフェスAC』の筐体へ。プレイに必要なNESiCAを手にしたポーズをいただくたびに会場から「かわいい!」の声が。世界一うらやましいNESiCA、ここに誕生……!

 

 

 

 

 

体験プレイは9人で協力プレイを行いました。プレイ中は譜面の難しい箇所で声が上がったり、クリア時にポーズを決めたりと、和気あいあいと協力プレイを楽しみました。そして最後は9人それぞれがプレイした筐体にサインして終了。

Aqoursのみなさんは短い時間の中で『スクフェスAC』を楽しみつつその魅力をアピールしてくれました。

この『Aqoursの! スクフェスAC体験レポート!』の様子は、『スクフェスAC』の公式サイトで配信中

 

 

 

Aqoursが楽しんだ『スクフェスAC』はいよいよ12月6日(火)から順次稼働を開始します! 『スクフェス』のアーケード版として、μ’sメンバーのカードを集めつつ楽曲をプレイする基本設計はそのままに、美麗な3DフルCGによるライブや『スクフェス』との連動など、独自機能を搭載しています。『スクフェスAC』をゲームセンターでぜひ楽しんでください!

 

 

【DATA】

e
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~

ハード:アミューズメント施設向けゲーム機
ジャンル:リズムアクション
プレイ人数:1~3 人
プレイ料金:未定
稼働日:2016 年12 月6 日(火)より順次稼働

 

【関連HPはこちら♪】

・『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ 』公式サイト 

・【公式】ラブライブ!スクフェスAC運営ツイッター

-------------------------------
(C)2013 プロジェクトラブライブ!
(C)SQUARE ENIX CO., LTD.
(C)KLabGames
(C)bushiroad All Rights Reserved.

2016年12月6日(火)

関連記事

オススメ記事