新刊情報

  • 0115_LLD2023-3_h1-4_image

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2015年12月19日(土)
「MADOGATARI展」東京会場が満員御礼にて開催終了! 乃木坂46のメンバーも来場!!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

◆『魔法少女まどか☆マギカ』や『〈物語〉シリーズ』など、シャフト制作アニメの貴重な資料が展示された「MADOGATARI展」東京会場の開催が終了

【物語】MADOGATARI展キービジュアル イラストのみ のコピー

数々のアニメ制作に携わってきたシャフトの40周年を記念して開催されている「~シャフト40周年記念~MADOGATARI展」の東京開催(会場:アーツ千代田3331)が、大盛況のうちに12月2日(水)をもって終了しました。
シャフト40年の歩みを体感できる原画や制作資料、劇団イヌカレープロデュースによる立体造形などが展示され、会場限定のイベントオリジナルグッズ販売など、アニメファンを中心に多くの来場者に好評を博しました。また、この展覧会が初出となる『魔法少女まどか☆マギカ』の新作へとつながるコンセプトムービーの上映や、『〈物語〉シリーズ』の西尾維新書き下ろし短編小説をもとに制作した映像展示、プロジェクター3台を使用した特別映像の上映、会場入り口では『魔法少女まどか☆マギカ』と『〈物語〉シリーズ』のキャラクターがコラボした会場限定オリジナルマナー映像、展覧会場内でのマナーをおなじみのキャラクターたちがTVゲームの世界で楽しく解説するものなどが上映されていました。

 

MADOGATARI展_東京会場01_エントランス

▲「MADOGATARI展」東京会場エントランス

 

MADOGATARI展_東京会場02_シンボルゾーン

▲ 「MADOGATARI展」東京会場シンボルゾーン

 

MADOGATARI展_東京会場03_入場待機列

▲前売販売のみで入場券が完売となり、開催期間6日間で15,000人が来場した。

 

MADOGATARI展_東京会場04_オリジナルマナー映像

▲『魔法少女まどか☆マギカ』と『〈物語〉シリーズ』のキャラクターによる会場限定オリジナルマナー映像を上映。

 

【オリジナルマナー映像制作スタッフ】
Director:篠田利隆(アマナ異次元)×UKYO Inaba
Illustrator:RIKI
Music:塩田信之
Producer:滝沢明日香(アマナ異次元)・中井いづみ(アマナ)

 

MADOGATARI展_東京会場05_〈物語〉シリーズゾーン

▲〈物語〉シリーズゾーン

MADOGATARI展_東京会場06_アーカイブゾーン

▲アーカイブゾーン

MADOGATARI展_東京会場07_魔法少女まどか☆マギカゾーン

▲魔法少女まどか☆マギカゾーン

MADOGATARI展_東京会場08_魔法少女まどか☆マギカ_コンセプトムービー

▲『魔法少女まどか☆マギカ』コンセプトムービー

 

◆「MADOGATARI展」東京会場に乃木坂46も来場! メンバーからのコメントも!!

MADOGATARI展_東京会場09_乃木坂46

東京会場開催中に『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』のTVCMでコラボした乃木坂46から、松村沙友理さん(写真中央)、井上小百合さん(写真左)、佐々木琴子さん(写真右)の3人がMADOGATARI展東京会場に来場し、展示を観覧・体験してのコメントをいただいたので、そちらをお届けします。

 

――展示をご覧いただいた感想はいかがでしたか

井上:小さいころからアニメを観ていたので、MADOGATARI展に来ることができてうれしいです。キャラクターの指先の動きだったり、影の付け方だったり、ひとコマひとコマ、思いが込められてるんだな、と思いました。映像の表現方法とか、もっとしりたくなりましたし、アニメのよさをこの機会を通じてみなさんにもぜひしってほしいです。また、展示エリアでは、劇団イヌカレーさんの展示は世界観が独特で、私たちが考え浮かばないことをされているのですごいなと思いました。

 

松村:小さいころからアニメが本当に好きで、当時観ていた作品の展示があったり、裏側を見られたりしたので、感動しました! 観ていた作品がたくさんのスタッフさんの努力でなりたっているんだな、というのがしれて嬉しかったです。完成された映像と、そのもとになったコンテや原画が展示されたコーナーでは、自分がなんとなく観ていたシーンが、実は細部までこだわり抜いて作られていたことに感動しました。

 

佐々木:率直にかわいかったです! シャフトさんの表現がすごい好きで、原画とかたくさん見られて幸せでした! 『〈物語〉シリーズ』が気になって見に来ていたのですが、他の作品の展示も魅力的で、この機会にシャフトさんの別作品も楽しんでみようと思いました!

 

――大阪・札幌にご来場するみなさまにメッセージを

井上:何気なく観ていた映像でも、すごく多くのスタッフさんが作っているものなんだな、と思ってすごく感動しましたし、もっと作品を好きになりました。ぜひご来場いただいてたくさんの方に、シャフトさんのすてきな作品をしってほしいなと思います。

 

佐々木:私は『〈物語〉シリーズ』がすごい好きなのですが、シリーズが長く続いているので1話とかすごい懐かしいな、と思いながら今回の展示を見させて頂きました。原画などを見ると、もう1度見てみようかなという思いが強くなりますので、ぜひ展示を見てから、もう1度アニメも楽しんでいただければと思います。

 

松村:いままで見ていた作品の展示を見て、自分のその当時の感情を思い出すことができました。アニメ好きな方にとって、シャフトさんは必ず関わりがあるスタジオだと思うのでみなさんここにきて、ぜひ作品への熱い思いを思い出していただければと思います。

 

 

MADOGATARI展は、今後、12月22日(火)~27日(日)に大阪(会場:ハービスHALL)、そして2016年2月9日(火)~14日(日)に札幌(会場:サッポロファクトリーホール)で、順次開催する。各会場の前売入場券は、それぞれローソンチケットで、大阪会場分は発売中、札幌会場分は12月5日(土)~13日(日)に二次抽選先行販売の受付が実施となる。展示や上映作品を見たいと思った方はぜひともチケットを入手し、足を運んでみてほしい。

 

―――――――――――――――――――――――――

<イベント概要>

イベント名:「MADOGATARI展」
開催日時:
東京会場:2015年11月27日(金)~12月2日(水)
大阪会場:2015年12月22日(火)~12月27日(日)
札幌会場:2016年2月9日(火)~2月14日(日)
公式HP:www.madogatari.jp
公式ツイッターアカウント:@MADOGATARI
主催:MADOGATARI製作委員会

※大阪・札幌会場は、展示内容が東京会場とは一部異なります。

※入場日時指定制での販売となります。 当日券は前売にて販売上限に達しなかった場合のみ、会場にて販売いたします。

―――――――――――――――――――――――――

(C)SHAFT/MADOGATARI
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

2015年12月19日(土)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター