新刊情報

  • G’sマガジン8月号_表紙(仮)
  • qQhBPWf6066IM8TJA25fEawCwgTEUK

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2015年7月23日(木)
『がっこうぐらし!』放送直後キャストインタビュー! 原作を読んだキャスト陣が驚いたこととは――?

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

がっこうぐらしロゴ

◆『がっこうぐらし!』放送直後インタビュー! 衝撃の物語にキャスト陣は――?
話題のTVアニメ『がっこうぐらし!』より放送直後公式インタビューが到着! キャスト6名が原作を読んで驚いたことや、エンディングのダンスを初披露したときのことについてをお聞きしています!

 

————————-

 

20150722_gakkougurasi_01
(写真奥左から加藤英美里さん(太郎丸役)、茅野愛衣さん(佐倉 慈役)、写真手前左から高橋李依さん(直樹 美紀役)、水瀬いのりさん(丈槍 由紀役)、小澤亜李さん(恵飛須沢 胡桃役)、M・A・Oさん(若狭 悠里役))

 

――原作はみなさん、すでにお読みになっていたんでしょうか。
茅野さん:初めて原作に触れたのは、たぶん資料で抜粋を読んだんだと思います。『がっこうぐらし!』というタイトルで、絵柄もすごくかわいくて、「楽しそうな作品だな」と思って、パラパラとめくっていたら、「あれ? なんかちょっと不穏だぞ」と(笑)。その抜粋だけでも結構、惹きつけられるものがありましたね。しかも、ちゃんと原作を読んでみると、想像していた以上に衝撃的な展開が待っていて……。アフレコがすごく楽しみになりました。

 

水瀬さん:私が衝撃を受けたのはやっぱり、ゆきが見ている世界と、ほかの――くるみたちが見ている世界が違う。そのことがわかった瞬間ですよね。冒頭、ゆきが「音楽室はこんなところがいい!」とか、学校のいいところをいくつも挙げるんですけど、そのキラキラと輝いている世界が、じつは……という。くるみたちが見ている、世界の本当の姿がバッと絵で描かれた瞬間ですね。「ああ、ゆきは学園生活がキラキラしているって言ってたけど、実際はこんな状況なんだ」と。そのギャップがすごく大きくて、心をグッと掴まれました。

 

小澤さん:なんというか、いろいろ考えさせられる原作でしたね。状況から察するに、世界がタダ事ではないのは間違いないじゃないですか。こういうところで「彼女たちはいったいどんなことを考えてるんだろう?」と。さっきも少し「『がっこうぐらし!』は日常系だよね」って話をしていたんですが、これもまた、彼女たちの「日常」なのかなって。そこは面白かったですね。

 

M・A・Oさん:原作を読みながら感じたのは、「本当に強い女の子たちなんだな」ということでした。いろいろと希望が見えてはくるんですけど、その光も見えたと思ったら、またすぐに消えそうになったりして……。でもそういうときでも、みんなで団結して支え合いながら、困難を乗り越えようとしていく。その絆の強さが、すごくステキだなって思いました。あとはやっぱり“かれら”ですよね。かわいらしい絵柄とのギャップが、すごくクセになる。今から第6巻が楽しみになってます!

 

高橋さん:私は第5巻の、とあるシーンで号泣したんですよ。これはほかシーンにも共通したことなんですけど、一見、すごく普通のことを言っているように見えるんですけど、彼女たちが言うからこそ、重みを感じる言葉というのがある。そういう言葉がそこここに散りばめられていて……。いや、本当に泣いちゃいましたね。

 

加藤さん:私は全然内容を知らなかったんです。なので、第1話のアフレコの前に台本を見ながら映像をチェックしてたんですけど、やっぱりあの最後の展開ですよね。「え、これはどういうことなの!?」って、すごくビックリして(一同笑)。そうですね、まったく前情報を入れてなかったので、本当に驚きました。

 

茅野さん:太郎丸は、原作よりもアニメの方が出てきますよね。

 

加藤さん:聞いたところによると、原作では数ページしか出てこないそうなんですけど、今回のアニメではキービジュアルにも出てきているし、その後で原作を読ませてもらったら「あっ、こういう展開が待ってるんだ」って……。いろいろとびっくりするような展開が多い作品だったので、どんどん読み進めてしまいました。

 

水瀬さん:原作とアニメでは、同じようなストーリーでもそこまでの展開が全然違うんですよね。太郎丸もそうだし、あと最初からみーくんがいることもそうなんですけど、持って行き方が全然違う。だから、原作をすでに読んでいらっしゃる方でも、きっと新しい発見があるんじゃないかな、と思うんですよね。

 

 

――みなさん、原作を読んで驚かれたようなのですが、なかでも一番ショッキングだった場面はどこでしょうか?
水瀬さん:第1話がまさにそういう感じですけど、明るい場面が本当に明るく描かれているからこそ、そうじゃない場面が際立つ。だから最近は、台本を読んでいても、明るいシーンが続くと「次くらいで来そうだな」って、身構えるようになりました(笑)。そうかと思えば、今度はグッと胸が詰まるような回想シーンが入ってきたり……。最初の頃は結構、その振り幅に振り回されていたんですけど、今はもう、そのサイクルがすごく心地いいんですよ。可愛らしい部分と少しダークな部分――その配分は、今回のアニメでも上手く映像化されているんじゃないかなと思います。

 

小澤さん:原作を読んでてもアニメを見てても、「これってまさか」と気付いたときに「うわーっ」ってなりますよね。なんというか、じわじわ来るところがある。「ああ、そういうことだったのか」と。しかも単純に「怖い」というだけじゃなくて、「かわいそうだな」とかいろんな感情に、じわじわと訴えてくるところがあるんですよね。

 

M・A・Oさん:私も、第1話の最後のゆきちゃんが衝撃的だったんですけど、もう一度、観直したときに、Aパートの終わりくらいに窓ガラスにヒビが入ってるところがあって。そこに気付いたときに「ハッ! ここから始まっていたのか!」という衝撃がありました。そこに気付き始めると、りーさんの動向を見ても「これは何かの伏線じゃないのかな?」って、気にするようになりましたね。

 

高橋さん:私も伏線には驚かされましたね。気付いて遡っていくと「あ、これもそうだったのか!」となる瞬間が、一番怖い(笑)。

 

茅野さん:明るいシーンほど怖いですよね。ゆきちゃんがにこにこ笑いながら授業を受けている場面でも「じつはこのシーンには誰もいないんだよな」とか「本当は、もっと学校はボロボロの状態で……」って考えて観ると、すごく怖く感じます。明るいシーンであればあるほど、切なくなるし、結構、ガツンと来るところがありますよね。

 

 

――あと、水瀬さんたち4人はオープニングもやられていますよね。曲を最初に聴いたときの印象は?
水瀬さん:すごく可愛い曲だな、と思いました。ただタイトルをゆっくり読むと「おお……」みたいな。

 

加藤さん:どんなタイトルなんですか?

 

小澤さん:「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」ってタイトルなんですけど。

 

M・A・Oさん:イントネーションを間違えると、「し・た・い」が「死体」に聞こえるんです。

 

茅野さん:ハッ、フレンド・死体!?(笑)。

 

 

――それは、文字では今いち伝わらないですね……(笑)。
加藤さん:それってつまり“かれら”ってこと?

 

水瀬さん:そうなんですよ。たぶん「し・た・い」と「死体」で、ダブルミーニングになってるんです。

 

高橋さん:たしかに学校の友達は、みんな普通じゃないですもんね……。

 

小澤さん:ちょっと狙ってるんじゃないかなっていう。

 

水瀬さん:しかも歌詞も、何も知らない人だったらきっと「かわいらしい歌詞だなあ」で終わると思うんです。でも『がっこうぐらし!』の世界観がわかったうえで改めて読むと、いろいろと「ああ……」みたいな(笑)。

 

茅野さん:そうだったんだ!

 

水瀬さん:リズムとかテンポがいい曲なので、明るくサラッと聴けるんですけど、歌詞にも注目してほしいなと思いますね。

 

小澤さん:アニメの本編ともそこは共通していて、よく考えると「ああ!」っていう。そういうところが、いかにも『がっこうぐらし!』らしいなあって(笑)。

 

M・A・Oさん:今回、PVの収録もやらせていただいたんですけど「ポップな学園生活部の部室」というコンセプトだったんです。衣装もカラフルだし、小道具もみんなすごくかわいくて……。みなさん、驚いてくれればいいなと思いながら、収録しました(笑)。

 

 

――ダンスは大変じゃなかったですか?
M・A・Oさん:頑張りました……(笑)。

 

小澤さん:大変でした。

 

高橋さん:ダンス、大変だったね……。

 

加藤さん:公式サイトでPVが流れてたよね。頑張って踊ってたの、観たよ!

 

高橋さん:ありがとうございます!(笑) 結構、角度を変えて何度も録りなおしたんですけど、特にソロカット撮影はカメラの正面でひとりで踊るので「うわーっ、間違えられない!」って。すごく緊張しました。

 

 

――もう人前では披露されました?
高橋さん:つい先日「まんがタイムきららフェスタ」で披露しました!

 

小澤さん:みなさん、すごく盛り上がってくれて、うれしかったです。「ハイ!」とか合いの手も入れてくれて。

 

高橋さん:なんかこう「かわいいオープニングが始まったぞ!」っていう気分になってもらえたらいいな、って。

 

水瀬さん:「日常系の新作が始まるぞ!」みたいな(笑)。

 

小澤さん:「やっぱり『きらら』だぜ~」っていうね。

 

茅野さん・加藤さん:からの~?(一同笑)

 

加藤さん:でも、私もすっかり騙されたうちのひとりだからなぁ……(笑)。

 

————————-

 

◆TVアニメ『がっこうぐらし!』作品概要
キービジュ(壊) のコピー
<メインスタッフ>※敬称略
原作:海法紀光(ニトロプラス)×千葉サドル(芳文社『まんがタイムきららフォワード』連載)
監督:安藤正臣
脚本プロデュース:ニトロプラス
シリーズ構成:海法紀光(ニトロプラス)
キャラクターデザイン:飯塚晴子
脚本:海法紀光、小太刀右京、桜井光、東出祐一郎、深見真、三輪清宗、森瀬繚
総作画監督:黒澤桂子、飯野誠
プロップデザイン:市川美帆
かれらデザイン 廣瀬智仁
色彩設計:南木由実
撮影監督:芹澤直樹
美術監督:横山淳史(草薙)
美術設定:金平和茂(草薙)
CGIディレクター:西入俊雄(ラークスエンタテインメント)
音響監督:明田川仁
アニメーション制作:Lerche
オープニングテーマ:「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」学園生活部【丈槍由紀(CV:水瀬いのり)、恵飛須沢胡桃(CV:小澤亜李)、若狭悠里(CV:M・A・O)、直樹美紀(CV:高橋李依)】
エンディングテーマ:「ハーモナイズ・クローバー」黒崎真音

 

<キャスト>※敬称略
丈槍 由紀:水瀬いのり
恵飛須沢 胡桃:小澤亜李
若狭 悠里:M・A・O
直樹 美紀:高橋李依
佐倉 慈:茅野愛衣
太郎丸:加藤英美里
祠堂 圭:木村珠莉 ほか

 

<放送情報>
TOKYO MX:毎週木曜 23時30分~
サンテレビ:毎週木曜 24時30分~
BS11:毎週木曜 24時30分~
AT-X:毎週木曜 21時30分~
※リピート:毎週土曜13時30分~/毎週日曜18時~/毎週火曜29時30分~

 

<配信情報>
ニコニコチャンネル :毎週木曜25時00分~ニコニコチャンネル/26時00分~ニコニコ生放送
バンダイチャンネル: 毎週金曜日12時00分~
GYAO :毎週木曜25時00分~
ビデオマーケット:毎週木曜25時00分~
Rakuten Showtime :毎週木曜25時00分~
U-NEXT:毎週金曜12時00分~
dアニメストア :毎週金曜12時00分~
auアニメパス :7月16日より 毎週木曜12時00分~
Softbankアニメ放題 :毎週金曜12時00分~

 

――――――――――――――――

 

【関連HPも見てくださいね♪】
TVアニメ公式HPはコチラ
TVアニメ公式ツイッターはコチラ

 

――――――――――――――――

 

【関連記事はこちら!】
・2015年7月期アニメ『がっこうぐらし!』
・『がっこうぐらし!』の特製リバーシブルうちわがもらえるお配り会が、7月20日に開催!!
・『がっこうぐらし!』に、いい意味で翻弄されてほしい!?  先行上映会公式イベントレポート!
・『がっこうぐらし!』話題の新キービジュアル公開! さらにBD&DVD情報もご紹介!
・『がっこうぐらし!』先行上映会受付締切迫る! 

 

――――――――――――――――

(C) Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

 

2015年7月23日(木)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター

yuyuyu2banar

yuyuyu2banar

anenarumono_banner

anenarumono_banner