新刊情報

  • gMgh1712_01
  • rr

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2015年6月12日(金)
『プラスティック・メモリーズ』アフレコ現場はまるでターミナルサービス! アイラ役・雨宮天さんインタビュー♪

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

PM_logo_fix_RGB_DB

 

現在放送中のTVアニメ『プラスティック・メモリーズ』の魅力について、キャストやスタッフがリレー形式で語る連載企画。

第6回は、アイラ役・雨宮天さんの登場です!

 

■雨宮天(あまみや そら)

ミュージックレイン所属。主な出演作は『パンチライン』(成木野みかたん)、『電波教師』(叶美奈子)、『アルドノア・ゼロ』(アセイラム・ヴァース・アリューシア)など多数。アーティストとしてソロおよびユニットでも活躍中!

 

【#10までのあらすじ】
舞台は現代より少し科学が進んだ世界――。18歳の少年・水柿ツカサが就職したのは、人型のアンドロイド、 通称「ギフティア」を製造・管理する企業の一部署“ターミナルサービス”。彼の業務内容は、ギフティアの少女・アイラとパートナーを組み、寿命を迎えるギフティアを回収するというものだ。ツカサは公私を通じて少しずつアイラと心を通わせ、彼女の稼動時間が残り1000時間ほどしかないことを知りながらも、アイラに告白をする。アイラは迫る別れの時を憂い一度は告白を断るが、カヅキの遠まわしな気づかいによって、好きな人といっしょにいることこそが幸せなのだと再認識。ターミナルサービスの仲間たちが温かく見守るなかで、今度は自分からツカサに告白をするのだった。

 
 
01
 
 
ツカサとアイラのキラキラしたやりとりに注目!
雨宮さんが語る#11の見どころは

 
――放送が間近に迫った#11の見どころを教えてください。

 

雨宮天さん(以下、雨宮):#11は、ツカサとアイラが陽光にきらめく川を見ながら会話をするシーンがあるのですが、アフレコの時に「芝居もそれに合わせてキラキラさせてください」とディレクションをいただいて、それがすごく印象的でした。オンエアでどのくらい綺麗な絵作りになっているのか楽しみです。
 
演じる側としても、アイラの優しさや緊張している初々しさを込められればと気合いを入れて臨んだシーンです。自分でも少しはずかしくなってしまうくらいのやりとりなのですが、ツカサとアイラだからこそ、すごく初々しく、かわいらしく見えるんです。#11、#12あたりは他のキャストの皆さんもそう思っておられたようで、みんなツカサとアイラを見てニコニコしていて(笑)。まさに、現場がターミナルサービスそのものという感じでした。

 

――オープニングテーマとエンディングテーマは、曲はもちろん映像もアイラにフィーチャーしたものとなっていますが、オンエアでご覧になった感想は?

 

雨宮:どちらも、ちょっと切ない感じもありながら明るいという、不思議な雰囲気の曲ですよね。作品の雰囲気にとてもよく合っていると思います! それと、エンディングテーマのラスト付近のカットでアイラが何と言っているのかがずっと気になっていて。個人的には「さよなら、またね」かな? と思っているのですが……。

 

02
↑エンディングのラスト付近のカットはこちら。笑顔を浮かべながら、アイラは何と言っているのだろうか?

 

――なるほど、正解が気になりますね。ラストのカットといえば、オープニングテーマのラストで沈んだ表情をしているアイラが、話数を経るごとにだんだん笑顔を見せるのもいい演出ですよね。

 

雨宮:え、そうなんですか!? そこまで気がつけませんでした……ちゃんとオンエアも観ているのに! 観直してみます!

 

03
↑オープニングのラストのカット。#02時点でのアイラはこんなにも仏頂面(笑)。最新の話数と見比べてみよう。

 

演じつつも思わず応援!
アイラの心情の変化を振り返って

 

――最初は無愛想だったアイラが、少しずつツカサに心を開いてきたことへの感慨はいかがですか?

 

雨宮:ツカサとの回収作業や、同僚たちとの触れあいを通して、表情が本当にやわらかくなりましたよね。最初は「必要以上に近づかないで」という感じで、冷たく、低い感じの声で演じていましたが、その後のアイラの心情・表情の変化に合わせて声色も少しずつやわらかくしています。
特に、#10で自分の本当の気持ちに気がついて、目をギュッとつぶって告白するアイラがかわいらしかったですね。自分で演じるキャラではありますが「アイラ、がんばれ」って応援もしていました。

 

――みんなの前で告白するのは驚きました。

 

雨宮:勇気がありますよね! どこでしても時間の問題で、すぐにバレてしまうとは思いますが、だからといってみんなの前であんなに堂々と告白したら、すぐからかわれちゃいそうですよね(笑)。でも、だからこそあのシーンが一層ドラマチックになったのかなと。周りのみんなも応援一色でしたし、ターミナルサービスの温かい雰囲気がよく出ていたと思います。

 

04
↑みんなが見ている前でのアイラの告白。2人の恋を見守る仲間たちの温かさが改めて感じられたシーンだ。

 

――アイラはかつて、業務やプライベートの日々を日記に綴っていました。何か日記にまつわるエピソードがありましたら教えてください。

 

雨宮:中学1年生のころに「10年日記」買ってつけ始めたのですが、これが続かなくて……。1週間書いて、間があいて、また1週間だけ書いて……と穴だらけです(笑)。学生時代には、友達と交換日記をやったりもしましたが、それも大体私が止めちゃいました(笑)。人のを読むのは楽しいんですけどね。
 
日記って、書く人の個性がすごく出ますよね。ページ全体をカラフルにする人がいたり、イラストを添える人がいたり、私の場合は青一色だけだったり……(笑)。アイラも、日記で見られる考え方や言動こそが、本当の彼女に近いんじゃないかなと思ってます。

 

05
↑日記の中のアイラはまるで別人のよう。でも雨宮さんの言う通り、こちらが本当の彼女なのかも?

 

――それでは最後に、ファンや視聴者に向けてメッセージをお願いします。

 

雨宮:#10にしてようやく思いを通じ合わせたツカサとアイラですが、別れの時も着々と近づいています。ここから最終話に向けて、ツカサとアイラの2人にさらに焦点が当たっていきます。アイラの繊細な感情の動きを大事に演じさせていただきましたので、見届けていただけたら嬉しいです!
 
 

okiura氏からの質問に回答!
アイラに着せたい着ぐるみは?

 

――リレーインタビュー第5回にご登場いただいたokiuraさんから、雨宮さんあてに質問が寄せられていますのでご回答をお願いします。
「アイラに着ぐるみを着せるならどんなものがいいですか?」

 

雨宮:パッと思いついたのは、カエルの着ぐるみです! しかも、クマとかウサギのようなかわいらしいものではなくて、真緑色をしたあまりかわいげのないやつで! そういうのを、アイラが「どうして私、こんなの着てるんだろう」なんて考えていそうなムスっとした顔で着ている情景が思い浮かびました(笑)。

 

――さて、次回のリレーインタビューでは、原作・脚本の林直孝さんにご登場いただく予定です。林さんへの疑問や質問をお願いします。

 

雨宮:えーと、2つ言っちゃってもいいですか? まずは、パートナーにするなら誰がいいか。これは人間のキャラクターもアリでお願いします! それと、ハーブティーはお好きですか? もしお好きなら、お気に入りのハーブティーを教えてください!

 
 
★次回のリレーインタビューは林直孝氏が登場! どうぞお楽しみに♪
★電撃オンラインでも『プラスティック・メモリーズ』キャスト&スタッフインタビューを掲載中! 第3回の雨宮天さんはコチラをクリック
 
―――――

<プラメモ注目記事>
 
・『プラスティック・メモリーズ』#06 の見どころは? リレーインタビュー第1回:水柿ツカサ役●内匠靖明さん

・『プラスティック・メモリーズ』”乙女“なミチルの魅力を語る! 絹島ミチル役・赤﨑千夏さんインタビュー

・『プラスティック・メモリーズ』OPのレコーディングこぼれ話も? OPアーティスト・佐々木恵梨さんインタビューをちょい出し♪

・『プラスティック・メモリーズ』EDに込められた思いとは? EDアーティスト・今井麻美さんインタビュー♪

・『プラスティック・メモリーズ』初期プロットに迫る!? キャラクター原案・okiura氏インタビュー!
 
―――――

TVアニメ『プラスティック・メモリーズ』

公式サイト:http://www.plastic-memories.jp/

Twitter ID:@pla_memo

ミチルとザックのプラメモラジオ:http://hibiki-radio.jp/description/plamemo

☆響-HiBiKi Radio Station-にて毎週金曜配信☆

★オフィシャルコミック

『プラスティック・メモリーズ Say to good-bye』① 発売中!

試し読みは 電撃コミックWEB ComicWalker をクリック!

電撃G’sコミック(毎月30日頃発売)にて連載中!

 

■SCHEDULE

TOKYO MX:毎週土曜深夜0時30分

チバテレ:毎週土曜深夜0時30分

群馬テレビ:毎週土曜深夜0時30分

とちぎテレビ:毎週土曜深夜0時30分

テレ玉:毎週土曜深夜0時30分

tvk:毎週土曜深夜0時30分

BS11:毎週土曜深夜0時30分

AT-X:毎週土曜深夜0時30分

岐阜放送:毎週火曜深夜1時

三重テレビ:毎週火曜深夜0時20分

ABC朝日放送:毎週水曜深夜2時14分

 

■CAST

水柿ツカサ:内匠靖明

アイラ:雨宮 天

絹島ミチル:赤﨑千夏

ザック:矢作紗友里

桑乃実カヅキ:豊口めぐみ

コンスタンス:日野 聡

 

■STAFF

原作・脚本:林直孝(MAGES.)

監督:藤原佳幸

キャラクター原案:okiura

キャラクターデザイン・総作画監督:中島千明

プロップデザイン・総作画監督:菊池愛

アニメーション制作:動画工房

 

(C)MAGES. / Project PM

2015年6月12日(金)

関連記事

オススメ記事