新刊情報

  • 1025gmaga0
  • 1

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2015年4月25日(土)
「KSL Live World way to the Angel Beats! -1st-」ライブレポートをお届け♪

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

1_2_TA0105 のコピー

4月11日(土)~12日(日)、Keyの15周年を祝うイベント「Key 15th Fes.」が開催され、東京・ディファ有明では2Daysのライブ「KSL Live World way to the Angel Beats! -1st-」が開催されました。本記事では、そのライブレポートを開場での写真たっぷりでお届けします!

 

今回のライブの注目ポイントは、『Angel Beats!』の劇中バンド「Girls Dead Monster(ガルデモ)」が復活すること。ガルデモ名義のラストライブ「Girls Dead Monster Last Live -Final Operation-」が開催されたのは2010年12月のこと。その後、2012年7月に開催されたビジュアルアーツの20周年記念イベント「ビジュアルアーツ大感謝祭」でも1日限りの復活を果たしましたが、それを踏まえてもガルデモとしてのLiSA&marinaを堪能できるのは実に3年ぶり。かつては国際フォーラムすら埋め尽くした2人がメインに据えられたライブとあって、今回もチケットはあっという間のソールドアウトとなりました。

 

ライブの開催前には、死んだ世界戦線のリーダーであるゆりからの影アナが。今回のライブは、彼女たちが“天使エリア”を探索するための陽動作戦であること、そしてそのためには、戦線の新人メンバーである観客たちの盛り上がりこそが重要であると知らされます。それを聞いた観客たちのボルテージは開始前からすでにマックスに! いよいよライブの始まりです。

 

2_2_TA0080 のコピー

まずはLiSAさんとmarinaさんが登場し、なんと1曲目から「Alchemy」という全開っぷり。これには大半の観客がTVアニメ『AB!』第3話のひさ子のごとく「Alchemy!? こんな序盤で!?」と思ったことでしょう。『AB!』を前面に押し出したライブは久しぶりのことながら、このニクい選曲のおかげで会場は一瞬でひとつになりました。

 

marinaさんがいったん退場し、残ったLiSAさんがガルデモのアルバム「Keep The Beats!」から「Shine Days」、「23:50」、「Rain Song」、「Run With Wolves」、「一番の宝物 ~Yui final ver.~」を披露。なお、余談ですが「Keep The Beats!」のアルバム名とジャケットのイラストは、BON JOVIの名盤「Keep The Faith」のオマージュとなっています。もし聴いたことがない方がいたら、こちらもオススメですよ。

 

3_第1希望_MG_1134 のコピー

多田葵さんによる「Brave Song」が終わると「これを聴かないとみなさん成仏できないのではないかと思って歌いにきました(笑)。でも、まだ成仏するには早いですよ!」とのMCとともに、麻枝 准さんからのビデオレターが到着! 7月から放送開始となるTVアニメ『Charlotte』でも、オープニングをLiaさん、エンディングを多田葵さんが歌い、劇中のバンド「THIEND(ジエンド)」の歌をmarinaさんが歌うことが発表されました。OP&EDは作詞・作曲が麻枝さんで、「THIEND」の曲は麻枝さんの発注の下、光収容さんが作曲・編曲を担当するとのことです。光収容さんはガルデモの全楽曲の編曲・ギター演奏を手がけるミュージシャン。麻枝さんの曲との相性はバッチリです!

 

4_第3希望_MG_1389 のコピー

麻枝さんのビデオレターにうながされて登場したのは、Key作品が誇る歌姫Liaさん。PCゲーム『Angel Beats! -1st beat-』のオープニング「Heatily Song」を披露すると、続く楽曲は観客の希望を反映しての選択制。「鳥の詩」と「Light Colors」というふたつの選択肢が提案され、僅差で決まったのは「Light Colors」に。Liaさんは「1日目だからきっと「鳥の詩」になるだろうと思ってた」と驚きつつも、「Light Colors」を高らかに歌い上げてくれました。どちらも優劣つけられない名曲ですが、「Light Colors」の方がライブで聴けるチャンスが少ないようにも思えますので、そうした事情も影響したかもしれません。

 

5_第1希望_MG_1610 のコピー

さらに鈴湯さんの「すべての終わりの始まり」と「Boys be smile」、そして北沢綾香さんの「君とのなくしもの」と続くと、ここで北沢さんのMCが入り、Key15周年記念作品と銘打たれた新作キネティックのベル『Harmonia』のオープニングを北沢さんが歌うことが判明。その新曲「届けたいメロディ」も披露されました。

 

6_第1希望_MG_1947 のコピー

次は再びmarinaさんが登場し「Hot Meal」、「My Song」、「Million Star」を披露しました。「Million Star」は『1st beat』の予約特典としてシングルCDが封入される“ガルデモの未公開シングル”。その存在(曲名)は、浅見百合子さんによるTVアニメ前日譚を描くコミック「Angel Beats! ―Heaven’s Door―」で明らかにされていました。『1st beat』の予約はまだ間に合いますので、marinaファン、ガルデモファンは要チェックですよ。

 

7_第1希望_2_TA0331 のコピー8_TA0359 のコピー

そしてLiSAさんの「Day Game」。筒型の装置から水蒸気の煙を噴射するパフォーマンスも相変わらずで、会場はこの日一番といってもいい盛り上がりを見せました。麻枝さんが「これは自分のテーマ曲だ」と言っていたという「Highest Life」の大合唱に続き、最後はLiSA&marinaによる「Crow Song」。かつてのライブでも見られた、学食の食券も撒かれました。

 

 

 

アンコールでは「目覚めた朝には君が隣に」、「僕らの旅」と続き、LiSAさんがガルデモの曲の中で一番のお気に入りという「Little Braver」をここで披露。大歓声を受けながら退場するときにマイクを通さず肉声で「ありがとう!」とさけぶ姿に、LiSAさんの強い思いが感じられました。そしてLiaさんの「My Soul,Your Beats!」が終わるとここで全員が再び登壇。ひと言ずつライブの感想を述べてくれました。以下にそのコメントを紹介します。

 

北沢綾香:私は『AB!』の曲を歌ってないのでちょっとドキドキでした(笑)。でも、みんなが優しかったので、本当に素敵な思い出が 作れて嬉しかったです!

 

多田葵:みなさんがずっと『AB!』を忘れないでいてくれたことを私も忘れません。また5年後も同じようにライブができたらいいな!

 

鈴湯:私自身、放送をリアルタイムで見ていた『AB!』ファンのひとり。今日はみなさんとこういう時間を共有できてよかった!

 

LiSA:今日はたくさん歌わせていただきました。ずっと歌っている曲も久しぶりの曲もありましたけど、今日はタイムスリップしたみたいで最高でした! 思い出が重なって、すてきなライブになったと思います。

 

marina:本当に久しぶりのライブで、鼓動が高鳴りました!

 

Lia:やっぱりKSLライブは何度やってもいいですね。みなさん暖かくて、「戻ってこられたな」という気持ちが強くわきあがります。もはや“Keyファミリー”ですよね(笑)。これからも、みなさんにいろいろな歌を届けていきたいです。

 

そして最後は出演者全員による「すべての終わりの始まり」の大合唱。3時間にもわたる熱狂のライブはこうして終幕。『Angel Beats!』の、放送から5年がたっても変わらぬ人気を再確認できたひと時でした。

 

9_TA0452 のコピー

 

KSL Live World way to the Angel Beats! -1st- 1日目セットリスト

01.Alchemy(LiSA&marina)
02.Shine Days(LiSA)
03.23:50(LiSA)
04.Rain Song(LiSA)
05.Run With Wolves(LiSA)
06.一番の宝物 ~Yui final ver.~(LiSA)
07.Brave Song(多田葵)
08.Heartily Song(Lia)
09.Light Colors(Lia)
10.すべての終わりの始まり(鈴湯)
11.Boys be smile(鈴湯)
12.君とのなくしもの(北沢綾香)
13.届けたいメロディ(北沢綾香)
14.Hot Meal(marina)
15.My Song(ガルデモVer.)(marina)
16.Million Star(marina)
17.Day Game(LiSA)
18.Highest Life(LiSA)
19.Crow Song(LiSA&marina)

 

アンコール
20.目覚めた朝には君が隣に(鈴湯)
21.僕らの旅(北沢綾香)
22.Little Braver(LiSA)
23.My Soul,Your Beats!(Lia)
24.すべての終わりの始まり(鈴湯、北沢綾香、多田葵、Lia、LiSA、marina)

2015年4月25日(土)

関連記事

オススメ記事