新刊情報

  • LLD34_H1 (1)

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2021年11月5日(金)
ASMR音声レーベル「kotoneiro」小岩井ことりさんインタビュー ASMRはテーマパークのアトラクション!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

_DSC6611_RE

『のんのんびより』の宮内れんげ役や『じょしらく』の波浪浮亭木胡桃(はろうきていきぐるみ)役などを演じる人気声優・小岩井ことりさんは、作詞・作曲などの楽曲制作や自身が立ち上げたASMR音声レーベル「kotoneiro」のプロデューサーとしてもマルチに活躍中。

 

ASMRボイスドラマ「おしごとねいろ」シリーズには小岩井さんはじめ人気声優が多数出演しており、「2020年 DLsite ASMRアワード」では全部門に入賞するなど注目を集めています。

 

「kotoneiro」1周年のタイミングでインタビューを実施して、小岩井さんのASMR作品にかけるこだわりやASMRならではの魅力についてたっぷりと伺いました!

 

 

■ASMRはテーマパークのアトラクションに近い体験ができる!

--10月20日で「kotoneiro」が1周年を迎えましたが、小岩井さんがASMR音声レーベルを立ち上げた経緯をお聞かせください。

 

小岩井:もともとASMRというものにすごく興味があって、はじめてソロMCをさせていただいたラジオ番組「ことりの音」でもASMRの要素を取り入れたことをやりたかったのですが、収録に必要なダミーヘッドマイクも100万円する高価なものなので、なかなか一歩を踏み出せなかったんです。

 

--「kotoneiro」の生放送でも存在感がある人型のマイクですね。

 

_DSC6817_RE

 

小岩井:そうなんです(笑)。「KU100」といってすごく繊細に息の音やその場の臨場感を録ってくれる素晴らしいマイクなんですけれど、イベントに出演させていただいたきっかけで貸してもらえる機会があって。

 

そういういろいろなきっかけが重なって、優秀なスタッフが集まってくれるたくさんの幸運もあり、レーべルを立ち上げることができたんです。

 

--声優として作品に出演されるだけでなくプロデューサーとしても活動されていますが、これまでを振り返ってみて反響などは感じていますか?

 

小岩井:いち声優がレーベルを立ち上げて作品を送り出していくことって、なかなか異例なことだと思うんです。そんな中で第1作目に愛美さんが出演してくれたおかげでスタートを切ることができて、すごくすごく感謝しています。作品のラインナップを見ていただけたらわかるように、一流の声優さんたちに集まっていただけていて。

 

ASMRというものを通じてお渡しイベントや握手会でも近づくことがないような距離感で、本当の意味で声優さんたちの声質を味わえるということが好評をいただけていているので、嬉しいなって思っています。

 

ASMRシャンプー・はさみ・マッサージ「おしごとねいろ 〜美容師編〜」30分お試し動画【CV:愛美】

 

--次はどんな声優さんが出演されるのかという楽しみもありました。

 

小岩井:ASMRってまだまだ聴き慣れない単語だと思うんですけど、ありがたいことに人気者の皆さんに出演していただいたことで、ファンの方にもASMRというものに興味を持ってもらっているんです。「kotoneiro」は健全で健康的で音質がいいよねってお声をいただけるのも嬉しいです。

 

--改めて、小岩井さんが感じているASMRならではの魅力とは、どのようなところなのでしょうか?

 

小岩井:すごくテーマパークのアトラクションに近いなって感じているんです。作品の世界に入って自分が主人公になって、周りにキャラクターがいるという体験はASMRドラマならではの楽しみ方だと思いますね。

 

作品を作る上でも、目を閉じたらその場所を体験できるようにこだわっています。トーク以外にもASMRで聴く音って、なんの条件もなく心地よく脳を直接マッサージしてもらえるような感覚があるので、それもほかにはない魅力ですね。

 

--音声だけのはずなのに、ものすごく没入して体験できる感覚は通常のボイスドラマとも異なりますよね。

 

小岩井:そうですね。音だけのはずなのに、耳に「ふーっ」と息を吹きかけられると、相手がそこにいるかのように温度や圧力を感じたりするので、本当に不思議ですよね。

 

 

■「kotoneiro」作品ができるまでのこだわりとは!?

--「kotoneiro」が手がける「おしごとねいろ」シリーズでは、ASMRによる職業と声優さんの組み合わせが特徴的ですが、どのように起用されているのでしょうか?

 

ASMR【ハサミ・耳中洗浄・添い寝】おしごとねいろ ~ペットトリマー編~【CV.藤井ゆきよ】

 

小岩井:こういう職業だったらこういうASMRが録れるから誰がいいかなって決める場合もありますし、逆にこの方にはどんな職業がいいかなって考えていく場合もあるので、両方ある感じですね。もちろん、私1人だけで全部を決めているわけではないので、スタッフとも相談しながら決めていきます。

 

--そこからシナリオを作る際には、演じられる声優さんをイメージして作っていく感じですか?

 

小岩井:皆さんのお声は必ず聴いたことがあるので、こういう帯域でとか、こんなキャラクターや年齢感がASMR的には合うのではないかというイメージは、なんとなくありますね。

 

性格が明るいのかクールなのかというところも事前になんとなく狙いを定めていますけれど、収録当日に声優さんとお話をしながら、どうしましょうこうしましょうと決めていくことが多いです。

 

--直接やり取りしながら決め込んでいくんですね。

 

小岩井:声優さんって本当にすごくて、色々な声を出せるのはもちろん、年齢を1歳下げてっていうリクエストにも応えてくれる職業だったりするので、話しながらどういうものが求められているのだろう? ということなどを決め込んでいきますね。

 

--収録の際にこだわっているところは、やはり音質なのでしょうか?

 

小岩井:音質にはできる限りこだわりたいなって思っています。ASMRの収録のときにはエアコンの音など小さい音も拾ってしまうので、「kotoneiro」のスタジオは地下で防音設備をできる限り整えているんです。

 

あと、なるべく録り音が良くなるように声優さんにも通常のヘッドホンではなくてfinalの「VR3000」という空間表現に特化したイヤホンをつけてもらって、音漏れをなるべく小さくして声が小さくてもよく録れるように工夫していますね。

 

_DSC6625_RE

 

--聴いている人が小学生や子犬の視点になったりすることで、ASMR音声作品ならではの距離感の近さを感じられるのが魅力ですが、そこは作品作りにおいて大きなポイントになりますか?

 

小岩井:そうですね、聴いていただく方も演じられる方もナチュラルに作品の世界観に入ってもらえると負担が少ないかなと思っているので、シナリオを決めるときにも特別な事情や条件がない限りは元から距離感が近い聴き手の主人公のところにやってくるお仕事をしている人、という風にしています。

 

芹澤優さんに演じていただいたキャバクラ嬢編みたいに声のドキドキを楽しんでほしい場合は、聴き手の方は男性でキャバクラに行って、隣にいるけれどすごく近いというわけではない距離感からだんだん近づいていく、という設定になっているんです。

 

そういう事情がない限り、できるだけ心の距離が近く感じられる配役を選べたらいいなって思っていますね。

 

ASMR【囁き・耳かき・咀嚼音】おしごとねいろ ~キャバクラ嬢編~【CV.芹澤優】

 

--トーク部分も魅力的ですが、炭酸の音や耳かきといったASMRならではのシチュエーションも没入感がありますよね。

 

小岩井:そういった効果音は基本的にあとから録るんですけれど、全部私が録っているわけではなくてスタッフと協力してやっています。佐倉綾音さんのアナウンサー編でのドライブ音とか、髙橋ミナミさんが出演してくれた海の家編の海の音は、私も実際の音を録りに行ったりしていますね。

 

--ちなみに、「耳もとハードビート」の心音は実際に心臓の音を収録されているんですか?

 

【女性声優・心音・生体ASMR】耳もとハートビート by小岩井ことり

 

小岩井:あれはもう珍しいシリーズで、声優さん自身の心臓の音を実際に録らせていただいています。最初に出したときには、誰の心音なんだって言われたんですけれど「いやいや、私の私の!」って(笑)。

 

心音は生まれる前から私たちが聴いている音なので、いちばん原始的なリズム楽器みたいなんです。なので、すごく心地よく眠れちゃうなって感じましたね。

 

--たしかにASMRは聴いているとリラックスできますよね。音だけですけれど音以上の安心感や癒しがあると思います。

 

小岩井:最近はイベントとかライブをすることが難しくなってしまったこともあり、チルアウトみたいに心身をゆっくりと休めてリラックスしようという文化が流行ってきていると感じていて、ASMRはすごくそこにハマると思っているんです。

 

布団の中やお家でのひとり時間にイヤホンをしてASMRを聴くだけで、自分だけの空間を作り出してリラックスできる空間に転生できるような感覚がASMRのすごく面白いところなんです。

 

--聴くだけで異世界転生できるような感覚は、とてもわかります!

 

小岩井:「kotoneiro」の作品は聴きながら情景を思い浮かべる必要もないので、脳を直接マッサージしてもらっているようなゾワゾワってする感覚や、ただただ音として心地よいものを楽しんでいただいていいんです。

 

画面をじっと見つめるような何かをしなきゃいけないということがないので、本当にゆったりリラックスして楽しんでいただけたら嬉しいなって思います。みなさんそれぞれ抱えている状況があると思うんですが、ASMRはなんの条件もなく作品の世界に入り込んだり音を楽しんだり、いろいろな楽しみ方ができるんですよ。

 

 

■お弁当の手配までする小岩井プロデューサーのお仕事!

--声優とプロデューサーとしての活動で、共通するところと異なるところはどんなところがありますか?

 

ASMR耳かき・炭酸・ストッキング「おしごとねいろ 〜家庭教師編〜 」30分お試し動画【CV:小岩井ことり】

 

小岩井:声優は演技をするお仕事で、「kotoneiro」も物を作っていくお仕事なので、どんな経験でも活きてくるのは共通していますね。

 

街を歩いていて見かけたものでも、お芝居のアイデアになったり「kotoneiro」作品のアイデアになったりするので、人生の中で得てきたいろいろなものを作品作りに返していくことが共通していると思います。プロデューサー独自のものとしては、予算管理ですかね(笑)。

 

--プロデューサーのイメージとしても現実としても、わかりみが深いですね(笑)。

 

小岩井:声優としてお仕事をするときはそんなことを考えたこともなかったんですが、1年間「kotoneiro」を続けてみて1つ1つ結果を積み重ねていかないと、皆さんの信頼を得られないし次に繋がらないということは、プロデューサーをやってみて実感しています。

 

プロデューサーって言うとカッコいいイメージがあるんですけれど、基本的には裏方の雑務係なので人手が足りないときに手伝ったり、生放送の時のお弁当の手配もやっています(笑)。

 

--本当に作品作りのために1つ1つあらゆることをやられているんですね! プロデューサーとして「kotoneiro」の今後の展望についても伺えますか?

 

小岩井:「kotoneiro」というレーベルは、本当に幸運なことに皆さまのお力添えでASMR界でもアワードをいただいたりして注目していただけているので、私たちもその期待に応えられるように健全に楽しんでいただける体験や高音質にこだわって王道を貫いていけるレーベルにしていけるよう進めています。

 

「のんのんびより」とのコラボやVTuberさんに出演していただいたりして、通常のASMRドラマの範疇から飛び出した作品もどんどん送り出していきたいので、幅は広げていきつつも健全に体験してもらえるものを大切にしていきたいですね。

 

--これからの「kotoneiro」作品も楽しみにしています! ありがとうございました!

 

_DSC6812_RE

 

声優だけではなくプロデューサーとしても魅力的なASMR作品を手がけている小岩井ことりさん。「kotoneiro」の作品は、DLsite上から購入が可能です! 小岩井さんの公式YouTubeチャンネルではASMR作品を試聴することもできるので、ASMRを体験してみたくなった人は要チェック♪

 

 

「kotoneiro」公式サイト:https://www.kotoneiro.com/

 

小岩井ことりofficialチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UClDfVHJxrsGTq61MJp55s3Q

DLsite:https://www.dlsite.com/home/

DLsite「kotoneiro」ページ:

https://www.dlsite.com/home/circle/profile/=/maker_id/RG53557.html

 

 

(C) kotoneiro All Rights Reserved.

2021年11月5日(金)

関連記事

オススメ記事

G's magazineツイッター