新刊情報

  • gmRrh1811_01
  • gcKkh1811_01

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2018年5月25日(金)
「KSL Live World 2018」ライブレポートを撮り下ろし写真と共にお届け!

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

5月6日、東京・ディファ有明で、Key作品を歌で彩る歌姫たちの祭典「KSL Live World 2018 ~Summer Pockets & Key’s Best Night~」が開催されました。3時間におよぶ大ボリュームだったライブのレポートをお届けします!

 

01

 

02

▲会場前には、Key公式の『Summer Pockets』痛車の姿も!

 

ステージ背後のスクリーンに映し出される『Summer Pockets』のオープニングムービーとともに、最初に華々しく登場したのは鈴木このみさん。同作の主題歌「アルカテイル」を熱唱しました。鈴木さんは「アルカテイル」のみならず『Summer Pockets』のエンディングテーマの歌唱も担当。さらには、キツネのイナリ役で、キャストとしても参加しています。

 

続いて登場したのは、バイオリニストのAyasaさん。バンドの演奏をバックに「Last Desire」と「theme of SSS」を情熱的に奏でました。MCでは「馬場社長(ビジュアルアーツの代表取締役・馬場隆博氏)が私の海外でのライブを見てくださり『KSLライブに出演してほしい』と声をかけてくれました」と出演に至ったエピソードを披露。その後に演奏した「青空」も含め会場は大盛り上がり。KSLライブの新たな形がかいま見られました。

 

そして、Ayasaさんがステージからの退場まぎわに「鳥の詩」のイントロを演奏すると、それに合わせてステージ後部にKeyを代表する歌姫・Liaさんが登場! 「鳥の詩」、「Light colors」、「My Soul,Your Beats!」を歌い上げ、大きな声援に包まれました。

 

『リトルバスターズ!』のオープニングテーマ「Little Busters!」で登場したRitaさんは、続いて自身の最新アルバム「streak of light」に収録されている新曲「Gargantua」も披露。「最後はやっぱりこの曲だよね!」と「Alicemagic」でシメ。パワフルな歌声で、会場をロック一色に染め上げました。

 

そして、アーティスト交代のため暗転したステージに2人の男性の影……。その正体にいち早く気が付いた観客席前方のファンたちから、ライトアップ前に「だーまえ」コールの大合唱が! 大病を乗り越え、さらにギターの猛特訓を積んだ麻枝 准さんが「Satsubatsu Kids」のギタリストとして、ギターボーカルのひょんさんとともにステージに姿を現しました。麻枝さんはMCで「アルバム「Hikikomori Songs」を仕上げたときは、これ以上の曲は自分には書けないと思ったけど、さらに上をいく曲(書き下ろし新曲の「Question Time」)ができました」と自信をチラリ。「(観客を)1000人集められそうということになれば、Satsubatsu Kidsのワンマンライブをやります」とも語り、バンド活動という麻枝さんの新たな活動に、大きな声援が寄せられました。なお「Question Time」は「Hikikomori Songs」の一般流通版に収録されているほか、昨年末のコミケでアルバムを購入した方向けに、単曲でのDL販売も行われています。

 

03

▲ライブのオープニングを飾った鈴木このみさん

 

04

▲バイオリニストのAyasaさん

 

05

▲Keyを代表する歌姫・Liaさん

 

06_
▲今年がアーティスト活動15周年というRitaさん

 

07_

▲この日唯一の男性のみによるユニット・Satsubatsu Kidsのひょんさん

 

08_

▲「ひきこもりの唄」の歌詞のようにギターをかき鳴らした麻枝 准さん

 

続いてはriyaさんが登場。『CLANNAD』の曲をアレンジして書かれた「一万の軌跡」は2003年の曲で、riyaさんがKSLで歌うのは初とのこと。観客席から歓喜の声援が上がる中「(「一万の軌跡」が入った)セットリストをいただいて、私もいつかみなさんに直接お届けしたいと思っていたのですごくテンションが上がってしまって。勢いで、久しぶりに麻枝さんにメールをしました(笑)」と語りました。

 

多田葵さんは「CANOE」、「灼け落ちない翼」を熱唱。続くコミカルタッチな1曲「おきらく☆きゅうさい」では、多田さんのコールに合わせて観客たちが「かーがーりん!」とレスポンス。Keyのエイプリルフール企画でも取り上げられたことがある『Rewrite』の劇中作『魔法の第三惑精クリーミィ☆かがりん』を思い起こさせます。

 

水谷瑠奈さんと塚越雄一朗さんによるユニット・NanosizeMirは、TVアニメ『Rewrite』より2曲を披露。さらに、担当することがかねてから発表されていたPCゲーム『Summer Pockets』の挿入歌について「魂を込めつつも、切ない曲に仕上げました」と語ります。また、水谷さんは声優としても同作品に参加しているとのことです。

 

そして再び登場したLiaさんが「時を刻む唄」と「星の舟」を歌い、ライブはいったん終幕。アンコールでは、アーティストと観客全員による「だんご大家族」の大合唱でほっこりし、アーティスト全員による「アルカテイル」でシメ! 万雷の拍手に包まれながらライブは幕を閉じました。

 

09

▲KSLライブには久しぶりの参戦となるriyaさん

 

10

▲コール&レスポンスでさらに会場を暖めた多田葵さん

 

11
▲MCで触れられた『Summer Pockets』挿入歌「羽のゆりかご」の歌唱をつとめる水谷瑠奈さん、編曲を手がける塚越雄一朗さん。

 

12
▲アンコールを含め、6曲を歌い上げたLiaさん

 

今年は7月と9月に関東と関西でKey初となるオーケストラコンサートが開催されるほか、ライブ中のMCで、Liaさんから「できれば今年中にワンマンライブを開催したい」と発表が。2018年のKeyサウンドを取り巻く展開はまだまだ目が離せなさそうです!

 

 

<イベント概要>
KSL Live World 2018 ~Summer Pockets & Key’s Best Night
開催日時:5月6日(日)
会場:ディファ有明

 

セットリスト
M-01 アルカテイル / 鈴木このみ
M-02 Last Desire / Ayasa
M-03 theme of SSS / Ayasa
M-04 青空 / Ayasa
M-05 鳥の詩 / Lia
M-06 Light colors / Lia
M-07 My Soul,Your Beats! / Lia
M-08 Little Busters! / Rita
M-09 Gargantua / Rita
M-10 Alicemagic / Rita
M-11 Birthday Song=Requiem / Satsubatsu Kids
M-12 ひきこもりの唄 / Satsubatsu Kids
M-13 Autumn Song / Satsubatsu Kids
M-14 メグメル / riya(eufonius)
M-15 一万の軌跡 / riya(eufonius)
M-16 小さなてのひら / riya(eufonius)
M-17 CANOE / 多田葵
M-18 灼け落ちない翼 / 多田葵
M-19 おきらく☆きゅうさい / 多田葵
M-20 Philosophyz ~TV animation ver.~ / NanosizeMir
M-21 ささやかなはじまり ~TV animation ver.~ / NanosizeMir
M-22 時を刻む唄 / Lia
M-23 星の舟 / Lia
~アンコール~
M-24 Farewell song / Lia
M-25 Brave Song / 多田葵
M-26 オーバー / riya(eufonius)
M-26 だんご大家族 / ALL CASTS
M-27 アルカテイル / ALL CASTS

 

【関連HPをチェック!】
・KSL Live World 2018 ~Summer Pockets & Key’s Best Nightオフィシャルサイト
・Key開発室公式Twitter
・『Summer Pockets』オフィシャルサイト

 

(C)VisualArt’s/Key

2018年5月25日(金)

関連記事

オススメ記事