新刊情報

  • gMgh1712_01
  • rr

Family Site dengeki.com

Family Site

  • http://dengekionline.com/
  • http://hobby.dengeki.com/
  • http://dengekibunko.dengeki.com/
  • http://dc.dengeki.com/
  • http://dengekiya.com/

ニュース

2017年8月10日(木)
【全5回】『プリンセス・プリンシパル』メインキャストが語る各話の思い出&ミニインタビュー!~その2~

チェック このエントリーをはてなブックマークに追加

TOKYO MXほかにて好評放送中のTVアニメ『プリンセス・プリンシパル』。ニコニコ生放送・バンダイチャンネルで配信される第1話~第5話の一挙放送に合わせ、メインキャストの今村彩夏さん、関根明良さん、大地 葉さん、影山 灯さん、古木のぞみさんにインタビューを実施! その模様を全5回構成でお届けします。第2回目となる今回は、第2話の思い出話に花を咲かせつつ、関根さん、大地さん、今村さんに本作との出会いを聞いていきます!

 

P1310822

 ▲(左から)ベアトリス役:影山 灯さん、プリンセス役:関根明良さん、アンジェ役:今村彩夏さん、ドロシー役:大地 葉さん、ちせ役:古木のぞみさん

 

liduhewqwjn

 

◆メインキャストが語る、第2話の思い出!

 

――それでは、第2話「case1 Dancy Conspiracy」の思い出話をお願いします。

 

2-1

 

2-2

 

関根:ノルマンディー公役の土師孝也さん、私が所属する事務所の大先輩なんです。第2話はアフレコに向かう道でちょうどお会いして、その時点からすごく緊張したのを覚えています。現場では、優しくも厳しく私たちを引っ張ってくださいました。ノルマンディー公自身は、圧巻の貫禄で大人同士の探り合いをしていましたね。
影山:私はプリンセスに扮したアンジェのダンスシーンが好きです。プリンセスを演じ、モーガンと探り合い&交渉をし、その間も息を乱さず、ダンスを崩さず。さすが、プロのスパイ!
古木:私はドロシーが吸えないタバコを無理に吸ってけほけほと咳き込んでいるところが好きです。ドロシーのかわいい一面を垣間見られるシーンですね。
大地:ドロシーは、かっこいいようでかっこわるい。でも、表情が豊かで、人間味があるとも言えるから私はすごく好きです。第2話は、指令のためにした色仕掛けのシーンも印象に残っています。映像を見て「危ない、こぼれる!」って思ったぐらい(笑)。きっと、もう何度もやっていることだから慣れているんだろうなぁ……。“こぼれない”ギリギリのラインが分かっている! さすがはプロ! おっぱいのプロ!

 

――スパイと“パイ”の部分しか合ってませんよ!?

 

大地:では、パイプロということで!(笑)

一同:ウマイ!(笑)

 

――第2話ではアンジェが後ろ手に隠し持ったCボール(ケイバーライト)で暗号を送るシーンがありますが、こうしたSF的なガジェット、オマージュなども魅力のひとつですよね。

 

今村:ケイバーライトは、ケイバー博士が作ったものなんですよ!
大地:私たち2人は、Webラジオ「プリプリ♡秘密レポート」の本編補足コーナーで知りました(笑)。そういった視点からも注目してくださる方もいるところが、この作品の懐の大きさだと思っています。
今村:かわいい女の子、豪華な制作スタッフ陣、SF的要素……と、フックがとても多いですよね。
大地:いろいろな側面から掘り下げる楽しみがあるので、何度見ても面白いと思います。
今村:これはもう、9月27日発売のBD/DVD第1巻を買って何度も見直すしかないですね?
古木:映像も綺麗だし!
今村:特典もたくさん付いているそうだよ!
関根:宣伝、大事!(笑)

 

◆プリンセス役・関根さん、ドロシー役・大地さん、アンジェ役・今村さんが語る本作との出会い

 

――前回の記事に続き、今回は関根さん、大地さん、今村さんに本作との出会いをお聞きしたいと思います。

 

関根:私は、小さいころに父の影響で見ていた『NOIR(ノワール)』(編注:2001年放送のTVアニメ。暗殺代行業を営むミレーユと素性が謎に包まれた夕叢霧香を主人公とする美少女ガンアクション)が大好きなんです! なので、こういう素敵な作品に携われたらいいなとずっと思っていたので、父に自慢ができます(笑)。本作はかわいい女の子が多いけれど、お話はしっかりしていて厚みがありますよね。女の子たちも、それぞれに任務があったり、思惑があったり……。そういう“おしゃぐり合い”が大好きなんです、私!
影山:“おしゃぐり合い”というのは“おしゃれな探り合い”の略です!
関根:かわいい女の子たちのギャップがとても好きなんです。プリンセスも、ニコニコしているのんびり屋さんかと思えば全然そんなことはなくて。ちょっと人をアオるようなセリフもあったりするので、イヤミに聞こえないよう、いつも気を遣っています。あとは、「わたくし」がちょっと言いづらくて、家でずっと練習していました。
古木:「わたくし」ってふだん言わないもんね。
大地:のんたん(古木さん)は特に、ね(笑)。私の作品への第一印象は、やはり制作スタッフのみなさんの豪華さです! 「この作品に関わることができたら、これは一生誇れるぞ」と思いました。ドロシーへの第一印象は“かっこいいけれどセクシー”な女性。でも、今まで私はそういったキャラクターをあまり演じたことがないので、オーディション前はあまり自信がなかったんです。でも、ドロシーはそれだけではなく結構サバサバしているところもあるキャラクターだったので「これはもしかしたらいけるかも?」と思いました。
古木:たいちょー(大地さん)は、セクシーなお芝居に自信がないと言っていますが、私はアフレコの時にむしろセクシーすぎてヤバいと思っているよ(笑)。
影山:私たちのボケにまとめてツッコミを入れてくれたりするし、ふだんから“ドロシー感”があると思う。

 

――それでは、今村さんお願いします。

 

今村:主演をさせていただくイメージがあまりわかなくて、もし役をいただけることになっても、(アンジェとは)違う役だろう、と最初は思っていました。アンジェのようなクールな役は、ほとんど経験がありませんでしたし。アンジェはすぐウソをつきますが、それは何かを隠すためだったり、誰かをかばうためだったりするんですよね。それが分かってから、とても愛おしいキャラクターになりました。それと個人的なことですが、私はなぜか昔から24という数字になにかと縁があって。だからなのか「24歳までには何かをなしとげたい」という漠然とした思いがずっとあったんです。そんな私が24歳になる節目の年に、こんなに素敵な作品にめぐりあえて、しかも主演として座長をさせていただけることになって……。『プリプリ』には喜びがたくさん詰まっています!

 

P13108223

 

第2回目はここまで! 次回は第3話の思い出話とともに、アフレコ現場の雰囲気や、印象に残っていることをうかがいます。お楽しみに!

 

<まとめページはこちら!>

 

<作品概要>

TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』

 

<STAFF>※敬称略

監督:橘正紀
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
キャラクター原案:黒星紅白
キャラクターデザイン:秋谷有紀恵

メカニカルデザイン:片貝文洋
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作:Studio 3Hz、アクタス

 

<CAST>※敬称略
アンジェ:今村彩夏
プリンセス:関根明良
ドロシー:大地 葉
ベアトリス:影山 灯
ちせ:古木のぞみ

 

【関連サイト】
・TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式HP
・TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』公式ツイッター

 

(C)Princess Principal Project

2017年8月10日(木)

関連記事

オススメ記事